人気ブログランキング |

ものづくり共和国

me262b1.exblog.jp

ああ、素晴らしき模型人生

<   2019年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

F-15DJアグレッサーvol.12

静岡以降、進んだ成果はコチラ。まずは垂直尾翼の迷彩塗装。
c0208691_19081209.jpeg
コクピットの計器盤は、塗装とデカールで仕上げるつもりでした。
c0208691_19103417.jpeg
なんと前席だけで21枚の附属デカールを貼ります。
c0208691_19111563.jpeg
c0208691_19115320.jpeg
1枚づつ貼ったら半日がかりでしたが…なんじゃコリャ?やり直しです(泪)




by me262b1 | 2019-05-28 19:50 | F-15DJ アグレッサー | Comments(13)

静岡合同展示会2019②

心地よい疲れとともに、合同展示会の余韻に浸っております。
前回の雪が積もった橋の全体像の写真が見つかりました。
c0208691_13143173.jpeg
応挙の氷の画を思い出しました。
以下気に入った作品のラッシュです。
c0208691_13165689.jpeg
無人機化されるよりこっちの方がマシです。
2年後にはコチラも1/35で作りたい!
c0208691_13182334.jpeg
このレベル製の貨物船のキットは持っていないけど、作りたい!
c0208691_13194271.jpeg
さらにはコイツも!
c0208691_13205118.jpeg
旅客機のデカール、結構持っているんですけど。
宇宙にも夢は広がります。
c0208691_13222631.jpeg
来年の静岡も刺激に溢れていますように!




by me262b1 | 2019-05-19 13:24 | その他 | Comments(0)

静岡合同展示会2019

私の所属するメルクールの会は、この合同展示会に参加して今年でちょうど10年を迎えました。
節目の展示会にふさわしく、たくさんの来場者に声をかけていただきありがとうございました。

本ブログでは当会の作品の紹介ではなく、わたくしが個人的に注目した作品をご紹介します。
このクルマはとにかく塗装が際立って美しく、どんな塗料をどうやって塗ったのかわかりません。
恐らくウレタン塗料なんだろうと推測すると今度は工作技術の円熟さに心を奪われます。
c0208691_04331516.jpg
この作品は山田先生のヴィネット。ベトナムのシェリダンだったらこんな風に汚れていてここが錆びているんだろうな
が全部盛り込まれた作品。持って帰りたかったです。
c0208691_19582027.jpg
今製作している作品のベースを雪景色にしたいので、雪の情景に目が留まります。気に入ったのはこの2点。
c0208691_20044854.jpg
水面に浮かぶ氷が絶品だったのに、橋の上の残雪が気になっちゃいました。
c0208691_04520340.jpg
雪ではないけど、この波の表現も参考にさせていただきます。
c0208691_04533747.jpg
飛行機では大好きなモノ48のF-105。凹線に彫りなおしておらず、黒を塗った後に凸線を塗り残しているそうです。
しかもマスキングなしで!こんなことってできるんでしょうか?機首のマーキングの自主規制がご愛敬。
c0208691_05093710.jpg
近いうちにやってみたいのがこのリンクス。輸送箱づくりが大変そうですね。
c0208691_05014845.jpg
今朝はここまで!




by me262b1 | 2019-05-14 05:04 | その他 | Comments(4)
10連休の最終日は胴体後部の金属色表現に立ち向かいます。
写真集を見ると輝いているもの70%、ツヤなしは30%程度と言った感じ。
下地は黒赤色の少しツヤのある方へ振ってみました
c0208691_20423843.jpeg
後半部に白線が見えますか?何のための線か不明ですが、上面はもっと複雑です。
c0208691_20461242.jpeg
更にマスキングして、こんな感じ。
c0208691_20483114.jpeg
Fの出来損ないと言った白線を描いてみました。この角度をきめるために役立ったのがカミワンさんからお借りしたデカールでした。
c0208691_20535572.jpeg
見ずらいのですが、日の丸の上方、複雑に折れ曲がった白線の角度、太さを参考に作業を進めております。静岡まで後4日!ってこれは持っていきませんが…。




by me262b1 | 2019-05-06 21:10 | F-15DJ アグレッサー | Comments(4)
10連休、後1日を残すのみとなりました。
ここまでの成果です。計器盤はエドュアルドにDJがあればお金で解決したかったのですが、購入したF15Iとは大きく異なるのでマスキング塗装します。ああめんどくさい!
c0208691_20351545.jpeg
75%進捗したものがコチラ。この後、計器1つづつにデカールを貼ります。
c0208691_20385857.jpeg
キャノピーフレーム周辺はここまで進みました。
c0208691_20412407.jpeg
塗ったものがコチラ。擦れる部分に銀のチョロハゲ表現をしています。見えますか?
c0208691_20420885.jpeg
機首後方のパーツはスライド金型か分かりませんが、モールドが浅すぎてスミ入れ出来ません。そこで苦手な凹線彫り&カルコリベット打ち。スミ入れしてみました。スリットのギラついた銀色はガイアのブレードシルバー。いい味出てるでしょ。
c0208691_20473573.jpeg
他もこんな感じです。
c0208691_20495628.jpeg
エンジンヘッドを塗らないと胴体上下が貼り合わせられないもんで。このキットで最も気に入っているパーツの一つが翼下パイロン。スミを入れただけでモールドがこの表現力なんですが、写真が下手すぎて伝わっていない!
c0208691_20511893.jpeg
阪神タイガースが連勝していなければ、ココロもカラダもとっくにダウンしています。


by me262b1 | 2019-05-05 20:54 | F-15DJ アグレッサー | Comments(4)
今日もチマチマ工作です。
このキットはE型がベースになっているので、修正点もいくつかあります。
目立つのがキャノピー周辺なので、少し手を加えてみます。修正前。
c0208691_17482092.jpeg
余計な部分を削り落としたモノがコチラ。
c0208691_17494140.jpeg
この後、手すりも0.2mmアルミ線で作り直したり、エッチングパーツや
c0208691_17532377.jpeg
プラ片でそれらしく加工してみました。
c0208691_17521604.jpeg
塗っちゃうと、どこに手を加えたかわかりません。
c0208691_17545866.jpeg
アレスティングフックも塗り分けましたよ。
c0208691_17561008.jpeg


by me262b1 | 2019-05-03 17:56 | F-15DJ アグレッサー | Comments(6)
目が見える時は細部工作を進めます。
レーダー部にエッチングパーツや金属線でディテールアップします。
c0208691_16364278.jpeg
この2パーツを支柱で繋ぎます。0.2mmの鉛線で配線を作りました。
c0208691_16382639.jpeg
組み立てるとこんな感じ。
c0208691_16404101.jpeg
c0208691_16435624.jpeg
こういう工作は好きです!


by me262b1 | 2019-05-02 16:41 | Comments(4)

ああ、素晴らしき模型人生


by me262b1