人気ブログランキング |

ブログトップ

ものづくり共和国

カテゴリ:その他( 76 )

2018年10月27日、28日に開催されたメルクールの会作品展示会では、多数の来場者をお迎えすることができ、会員一同感謝申し上げます。都心から離れた場所にも関わらず、関東近県はもちろん、遠くは富山県からもお越しいただきうれしい悲鳴をあげています。私共の作品を 熱心に時間をかけて見ていただき、胸がいっぱいになりました。
c0208691_10304587.jpeg
次回は2年後の2020年、当会創立40周年を迎える年の開催となります。期待を裏切らない作品が数多く並ぶように、今日からまた、新たなスタートを切ります。



by me262b1 | 2018-10-29 10:35 | その他 | Comments(6)

モデルアート誌が通算1000号を達成しました。
c0208691_17230896.jpeg
おめでとうございます!思えば中2の頃から、ほぼ毎号買っていた気がします。今井さんのブラックファントムを見て「いつかはこんな作品を作る!」と意気込んでいた少年時代でした。この記念すべき1000号に、何と小生のF-14Aが掲載されています。
c0208691_17282822.jpeg
イベントのコーナーには10月のメルクール展示会の告知が載っているのも何かの縁。ぜひ買ってくださいね。



by me262b1 | 2018-09-24 17:31 | その他 | Comments(2)

HMSアルビオン乗船記

c0208691_07233680.jpg
8/4メルクールの納涼会のとき「今、晴海に英強襲揚陸艦アルビオンが来て一般公開しているよ!」との情報を受け、見学しに行くことにしました。幸いnabe3会員も行くとのことでしたので、ちゃっかり便乗しました。8/5の12:00前に東京駅丸の内南口で集合。nabe3のお友達、N川さんと合流し、5-01バスでいざ晴海埠頭へ。20分も乗車すると建築中のビルの陰から見えてきましたレーダー類が!
c0208691_07213231.jpg

c0208691_07210697.jpg
c0208691_07215950.jpg
興奮しつつバスを降車。「ここがアルビオン最後列」の表示板を持つ若き自衛官に「どれくらい並ぶと乗船できます?」と尋ねると「3時間くらいでしょうか。」との回答。気が遠くなるような暑さの中での3時間に耐えられるか、不安に思いつつ行列に加わりました。武装はゴールキーパーかと思いきやファランクスでした。テロ対策ならこれで十分といったところでしょうか。
c0208691_07250207.jpg
c0208691_07261414.jpg
内部はこんな感じ。スロープが急で、艦内の行き来は大変だろうなと思いました。
上陸用舟艇は乾舷に迷彩状態で釣ってありました。
c0208691_07282105.jpg
後方の甲板にはこんな車両たちが展示されていました。
c0208691_07252827.jpg
c0208691_07244140.jpg
よく見ると、増加装甲板の一部が欠けていてピンクのスチロールのような断面が見えました。
c0208691_07291260.jpg
ケブラー製なのでしょうか?とにかく金属ではありませんでした。
細かいところにばかり目が行くモデラーとしてはマストの上部の形状に目が行きます。
c0208691_07270690.jpg
これは艦首側。下が艦尾側。王冠を模しているようです。日本なら菊の御紋章といったところ。
c0208691_07274259.jpg
ちなみに旗竿は磨いていない金色でした。
最後に知っている人がいたら教えてください。下のちりとりのようなマーキングの意味って何?
c0208691_07294946.jpg




by me262b1 | 2018-08-06 07:53 | その他 | Comments(0)

毎回この会場に来ると、いつも多くの刺激に出会えます。気になった作品群をご紹介。
はじめに同じモデルアート賞を受賞したフェラーリSF70H。塗装の美しさもさることながら作品としてのまとまり感を感じます。
c0208691_05001259.jpeg
こちらは東武賞を受賞したロータス79。時計職人を思わせる緻密さにあふれる作品です。これを2台ってハンパないです。
c0208691_04585689.jpeg
こちらは戦友タカサキブライアンさんの作品。会場ではお会いできず残念でした。miniのこのカラーリング、わたしも憧れていて1/24でやりたかったんです。これってラジコン用の1/10あたりのキットですか?
c0208691_04574258.jpeg
こちらも戦友H本さんの作品。飛行機モデラーかと思いきや、本命が間に合わなくてもこのお祭りに参加すべく仕上げて来る東武魂に脱帽です。
c0208691_04564931.jpeg
同じく戦友kozaiku さんの作品。鳥さん達の自然な動きとほっこり感がたまりません。
c0208691_04513638.jpeg
まだまだ紹介したいのですが、今日はここまで。


by me262b1 | 2018-07-29 05:18 | その他 | Comments(0)

東武戦線、戦果あり!

本日、池袋東武百貨店に行きモデラーズコンテストの表彰式に参加して来ました。
c0208691_04105310.jpeg
うれしいことにモデルアート賞を受賞しました。猪股編集長様、本当にありがとうございました。MA賞は2度目で、前回は2009年のこの作品でいただきました。
c0208691_04224407.jpeg
会場ではkozaikuさんやH本さんら「東武の戦友」との交流もでき、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。表彰式後の懇親会は15Fの中華料理店、会場の人口密度の高さに驚きつつもスーパードライの力で、面識のない方々にも話しかけることが出来、時間を忘れそうな午後でした。しかし台風12号の接近を思い出し、お開き後は早めに会場を後にしました。もっとゆっくり作品について語り合いたかったなぁ。

by me262b1 | 2018-07-28 19:13 | その他 | Comments(8)

c0208691_11584727.jpg

昨日15日、13年連続で東武タミヤモデラーズコンテスト(東武戦線)にエントリーして来ました。
受付番号91、初の2ケタです(笑)。今日16日の19:00〆切ギリギリでどのくらい増えるのかドキドキします。
by me262b1 | 2018-07-16 12:05 | その他 | Comments(2)

静岡合同展示会2018

 目の調子が悪く、大変ご無沙汰しておりました。
網膜静脈分肢閉塞症とかいう病名で、右目の画像が常に歪んでピントが合いません。
仕事をしていると頭痛がひどく、模型を作れば指先を切りまくり、デカールを曲がって貼る始末。レーザーで焼き切るとゆがみが取れても視力が低下するようで、目下の治療は月に1回、約15万円の注射を打つことです。(保険がきいても約6万円の支出!)こんな病気にかからなきゃ今頃好きなキットが山ほど買えたはずなのにぃ。というより、王手をかけたF-14が完成しないことが残念でなりません。メルクールの仲間には悪いことをしましたが、トムキャの参戦はしばしお待ちいただき、今回はF-16のみ静岡入りした次第。
 作品鑑賞もままならず、ピンときたら写真を撮る2日間でした。オートフォーカスって改めてすごいですね。以下お気に入りのご紹介。
 これは小スケールながら迫力の情景です。気球の固定には苦労しているはず。
c0208691_20261291.jpg
これ、今一番作りたい機体です!パラゴンデザインの改造キットは持っていますが、如何せん後席のレイアウトや武装が不明です。夜戦では機種の機銃は使えませんので(発射炎でパイロットの目がくらむ)主翼付根か胴体下に大口径銃が必要なところです。HK32も楽しみです。

c0208691_20242269.jpg
これまた有名な機体。塗装が「実機もかくあらん」といった感じで秀逸でした。
あれ?これまた夜戦でしたね。
c0208691_20234267.jpg
 工作、塗装ともうならされたのはこの作品。作者不在で留守番の方に聞いた話ではモノの32のミラージュⅢを大解剖して完成したとのこと。そんなもキットが存在したのかすら?でした。
良く見えなかったのでこの1枚しかとっておらず残念!
c0208691_20231257.jpg


by me262b1 | 2018-05-20 21:02 | その他 | Comments(4)

新年のご挨拶

c0208691_722316.jpg

あけましておめでとうございます。

昨年の完成品は1/48のF-16アグレッサー1機のみ。
今年はもう少し取れ高を増やしていきたいと思います。

今年もよろしくお願いします
by me262b1 | 2018-01-05 07:03 | その他 | Comments(6)

本日、話題の映画ダンケルクを観てきました。
ひとのブログで感想等の書き込みを見たいましたから期待しないで行ったせいか、いい意味裏切られて「よかった」です。
劇場を出た時、後ろにいたカップルが「実話なんだよね」と確認しあっていたので、そこら辺の背景解説が弱かったかもしれません。だから脚本もひたすら史実をのみ負わずに戦争の極限状態に重心を置いていました。自己所有の遊覧船で自ら英軍救出に向かった老紳士のセリフで「私達大人が始めてしまった戦争に若者が命を落とし…」という意味の言葉に「仮に自分が投票しなかった政治家であっても、その責任は国民が負う」という成熟した民主主義を感じました。いま日本が戦争状態に陥ったら安倍さんのせいにする私が恥ずかしい。ラストのチャーチルの演説放送は、まさのこの映画の主題であろうし、さすがノーベル文学賞受賞者だけのことはある、心に残る原稿でした。
c0208691_22155625.jpg


模型的にはスピットファイアの空撮シーンが良かったなぁ。表面仕上げやコクピット内部色の色味がよくわかりました。パイロットのゴーグルが同時期・同部隊で2種類あり、個人持ちなの?って疑問が湧いてきました。
c0208691_22161435.jpg

前出のゴーグルは跳ね上げ式のグラサン付きで、バトルオブブリテン以前から使われていたことも新発見でした。この手の映像と音響を味わうには劇場に行かないと無理ですね。
by me262b1 | 2017-09-16 22:29 | その他 | Comments(4)

写真の容量が大きいので「その2」です。
常連のK村氏のこの作品が「佳作」です。絶対トロフィーものだと思うのですが・・・。

c0208691_09123321.jpg

ドイツ物でトロフィー獲得!おめでとうございます。憧れます、1/48 Me262。

c0208691_09150027.jpg

作りたいなら、このキットも。発売後何日間?でこの仕上がり。
箱を開ける前からこの構想を練っていたんでしょうね。

c0208691_09182662.jpg

右半分はテカテカの新車仕上げで、左半分は悪路走破後の泥ハネ・乾燥状態。発想が素晴らしい。
他にも印象に残った作品を2点ご紹介します。

c0208691_09221407.jpg


c0208691_09261503.jpg

フィギュアと愛車・愛機の組み合わせが大好物な私としては、両者とも選外なのがとても残念。
入賞のハードルがどんどん高くなる、2017東武戦線でした。



by me262b1 | 2017-07-28 09:34 | その他 | Comments(0)