人気ブログランキング |

ものづくり共和国

me262b1.exblog.jp

ああ、素晴らしき模型人生

カテゴリ:IPMS( 11 )

模型旅行 in USA vol.11

時差ボケってやつでしょうか?昨日は午後2時頃、昼寝をしようとゴロゴロしてたら起きたのは今朝3時!13時間も寝ちゃいました。お盆休みで助かりました。
写真を整理しようとパソコンを見ていて思い出したのが、ワーナーロビンスでの写真を紹介していなかったこと。
c0208691_06085722.jpeg
屋外展示ではB-1やA-10が出迎えてくれます。
c0208691_06113400.jpeg
銃乱射事件を悼んで、至る所で半旗を掲げていました。
c0208691_06125584.jpeg
A-10は大好きな機体で、ベタベタ触っちゃいました。
c0208691_06141995.jpeg
屋外展示では博物館後方のエリアにも宝の山があります。B-52の尾部銃座。
c0208691_06211117.jpeg
つい10日ほど前から展示された(らしい)F-15は真下が拝める展示で塗装の参考になります。今、制作中だけに感謝!
c0208691_06232282.jpeg
腹はこんな感じ。少し緑色がかっているのは芝生の反射の影響かと。
c0208691_06241160.jpeg
屋内展示はペンサコーラに比べて暗く、ロープの向こうには入れません。
c0208691_06264490.jpeg
情景仕立てになっていると、暗さは倍増します。
c0208691_06280014.jpeg
大好きなセンチュリーシリーズは104以外みんな揃っていました。
c0208691_06294964.jpeg
幸せすぎてコワイくらい。











by me262b1 | 2019-08-15 06:30 | IPMS | Comments(10)

2019模型旅行 in USA ⑩

今、ダラスFW空港で成田行きのアメリカン航空機を待っています。
c0208691_22532865.jpg
長いようで短かった米国遠征も間もなく終わります。
昨日はIPMS USAコンテストの結果発表日。作品の最終確認をしようとDo335を展示した113ブースに行くとブツがありません。「もしかして、情景部門にいどうさせられたかな?」と思い、そちらに行くとそこにもありません。動揺を隠せない表情で広い会場を探し回ると、ありました!820ブースに。これは「実在しないもの」コーナーでした。なるほど実機は存在しませんでしたので納得するしか無いのですが、ヒコーキ部門で勝負したかったです。
c0208691_23025007.jpeg
次に行なったことはFine Scale Modeler誌の取材。拙い英文を書き、プロに写真を撮ってもらいました。どうやら誌上公開されるようです。
ベンダールームでMaximumさんに借金しながら買い物をして、軽い昼食を済ませます。実際の結果発表は19:15からということで、夕食も16:00過ぎに食べ、5ドル払ったチケットを手にバンケットホールへ。

とっても長く退屈な前座ののち結果発表が始まります。遠征隊のMaximumさんのモホークが金賞!nabe3のF-104が銀賞、私もDo335で銀賞をいただきました!
表彰式が終わり会場を後にしたのが23:00前。今日は4:00にチャタヌーガ空港にチェックインなので3:30にはホテルにTaxiが迎えに来ます。荷物を整理しシャワーを浴びた時は日付が変わっていました。
2:55に起床、Taxiも時間通りに来てくれて出国手続きもスムーズに進み、今こうしてDFW空港でボンヤリと、この10日間を振り返っています。
たくさんのアメリカ人と知り合い、言葉の壁とレンタカーの運転(スピード)に疲弊しながらも「趣味」という共通言語で楽しい思い出を作ることができました。

nabe3、Maximumさん、T橋さん、本当にお世話になりました。そしてありがとうございました。


by me262b1 | 2019-08-11 23:29 | IPMS | Comments(14)

2019模型旅行 in USA ⑨

模型鑑賞と買い物(といってもウインドウショッピングがほとんどですが)が続きます。
気に入った作品、飛行機編その2。ウイングナッツ1/32のタウべです。
c0208691_18165820.jpeg
HKモデル1/32ランカスターでカナダ空軍仕様は迫力十分!
c0208691_18182070.jpeg
迫力ならばこれがチャンピオン。1/32タミヤのF-4Eは塗装力とデカール力で他のファントムよりワンスケールデカく見えました。
c0208691_18243183.jpeg
ケネティック1/48のホークアイはペンサコーラで現物を見て来ただけに心が揺さぶられました。円盤の上は渦巻きのアレです。
c0208691_18225172.jpeg
コイツも欲しくなって来ました。アカデミー1/35のAH-1Zです。よく出来ています。
c0208691_18282977.jpeg
nabe3が負けるはずはありませんが、ヘリは豊作のコンペとなっています。



by me262b1 | 2019-08-09 18:31 | IPMS | Comments(2)

2019模型旅行 in USA ⑧

今日は1日ゆっくりと作品鑑賞とベンダーさんのところで買い物です。
気になった作品群を紹介します。まずは艦船ちゃん。ベルファストはトラペをどう料理したらこんな素晴らしい作品になるのでしょうか?
c0208691_10255669.jpeg
1/350のCV-6 エンタープライズもいい感じでした。
c0208691_10300991.jpeg
1/700ではタイフーン級がカッチョ良かったです。
c0208691_10373769.jpeg
ヒコーキが多かったので、その中から一点紹介します。キティホーク1/32のキングフィッシャーです。素晴らしい出来栄えです。思わずアメリカからamazonでポチしちゃいました。
c0208691_12084855.jpeg
大好きなガネットちゃんは1/72。作者曰く、完成すると持つところが無い。
c0208691_12271797.jpeg
本日の最後はジェット機で飾ります。バランスの良い作品でした。
c0208691_12300738.jpeg
続きはまた明日。









by me262b1 | 2019-08-09 11:49 | IPMS | Comments(2)

2019模型旅行 in USA ⑦

遂にこの日がやってきました。
テネシー州はチャタヌーガで開催される全米IPMSコンテストに出品してきました。
c0208691_12282352.jpeg
コンベンションホールはこんな感じです。会場は午後から受付で私は51番の名札をもらいました。ですから会場はまだガラガラで、作品鑑賞は明日以降になりそうです。
c0208691_12321873.jpeg
c0208691_12330395.jpeg
私たちの作品はこのような構成となっております。まずはnabe3の2点。
c0208691_12353320.jpeg
c0208691_12364219.jpeg
次にT橋隊員の2点。
c0208691_12381112.jpeg
c0208691_12393767.jpeg
Maximumさんの新作はコチラ。
c0208691_12413009.jpeg
私の作品は2点。まずは1/350米海軍駆逐艦DD-797クッシング。
c0208691_12193799.jpeg
次に1/48 Do335A-12夜間戦闘機です。
c0208691_12205012.jpeg
SS100牽引車が無いのは、応募するカテゴリーNo.113に付属物が乗っかるとdiorama部門にエントリーしてしまうからです。せっかく持って来たけれど、あきらめます。








by me262b1 | 2019-08-08 12:49 | IPMS | Comments(1)

2019模型旅行 in USA⑥

緊急事態発生です。ブログにアップするためにi-phoneで撮っていた写真がI-padに転送できません。どうやらクラウドがいっぱいになっているようで、金を払えばもっといっぱいクラウドしてやると脅かされたので、悔しくて契約は保留です。

ワーナーロビンスの空軍博物館は収穫が多かったです。たくさんの実物を見て写真も残せました。しかしペンサコーラに比べて館内が暗い、実物はロープの向こう側で95%以上触ることができませんでした。センチュリーシリーズ、とくにF-105は触りたかったし、背後に回って見たかったです。それでもF-15やA-10、B-1には触れることができました。写真は後日、カメラで撮ったものを掲載しますのでお楽しみに!


by me262b1 | 2019-08-08 12:19 | IPMS | Comments(0)

2019模型旅行 in USA ⑤

本日は移動日。チャタヌーガまでの中間地点として航空博物館のあるワーナーロビンズへ車で移動ですnabe3隊長の負担を減らすため、隊員が交代で運転を行います。この日のため準備した国際免許証が役立つ日が来ました!本日の走行距離はほぼ東京〜大阪間。しかも全員、海外運転未経験。背筋が凍ります。スーパーの駐車場で初心者の3人が運転の練習をしました。問題は左折。すぐ直角に曲がるのではなく、大きく左に回るのは日本の右折の要領。頭でわかっていても体が反応しません。それでも私は2番手で運転し、まさに手に汗握る2時間となりました。運転中で写真は撮れませんでしたが、テキサスの銃乱射事件を追悼するためか国旗が半旗となっている施設が多数ありました。遅い昼食はSubway のミートボールサンド。日本では無いメニューを選び大満足。
c0208691_11390943.jpeg
明日は空軍博物館で見聞を広めます。F-15やB-1、U-2に早く会いたい!




by me262b1 | 2019-08-06 11:44 | IPMS | Comments(4)

2019模型旅行 in USA ④

今日も行ってきました国立海軍機博物館。ホテルを8:30に出てnabe3の運転で出発!
BGMは徳永英明Best。nabe隊長のお気に入りです。車が動き出してすぐ、土砂降りの雷雨でしたが、9:00開門の少し前には晴れ上がったのは、ヤル気の表れでしょうか?
前回紹介した建物はハンガー1と呼ばれるベトナム戦争以降の機体が多く入るモノでした。この写真の建物が本館です。星条旗とF-14が迎えてくれます。
c0208691_10221632.jpeg
入場無料で機体を撮影放題、触り放題の大盤振舞い。アドレナリン大放出です。
いい歳こいて、こんなことしちゃってます。
c0208691_11002896.jpeg
こんなことだって!
c0208691_11021431.jpeg
百聞は一見に如かずと言いますが、百見は一触にしかずと申しましょうか。
この角度からの写真ならば、見ただけで「前から鉄板が重なるように」リベットで留められているのは一目瞭然です。しかし正面からの写真や、まして図面を見ただけでは想像できないかもしれません。
c0208691_11094510.jpeg
ご存知の通りAH-1スカイレイダーは、機体前方〜下面を中心に装甲板が貼られています。あんなダンプカーの様な機体でも、沈頭鋲が全面に打たれているので、図面を見るとノーリベットの機体の様に見えます。
c0208691_11192335.jpeg
しかし模型なら、装甲板が貼られた部分だけは凸リベットを施し、沈頭鋲の部分は浅い凹リベットを打ったほうが表現が豊かになると思いました。
c0208691_11251182.jpeg
これはSH-60の前方に突き出ている棒状のモノ。ステップとわかっている人でも滑り止めが付いていて、しかもどんな形状なのか、材質は?となれば触れるのが一番いいと思いました。こんな場所に住んでいるモデラーって羨ましい限りです。
c0208691_11354147.jpeg
c0208691_11303578.jpeg
この写真から何がわかるって?E-2Cのスピナーって、ナセル側をオーバーラップしているってこと。模型では表現しにくいかもしれませんが、知ってて作る人と知らずにつくっている人の差は大きいと思いませんか? 興奮の日々は続きます!






by me262b1 | 2019-08-05 10:23 | IPMS | Comments(1)

2019模型旅行 in USA ③

現在泊まっている宿の映像。208号室に泊まっています。風呂の栓がありません。
c0208691_12262815.jpeg

借りている車の映像。右側通行は同乗していてもコワイ体験です。
c0208691_12285941.jpeg
本日訪れた国立海軍機博物館の外観映像。
c0208691_12310747.jpeg
コチラはその中の収蔵機群。ほんの一部のです。
c0208691_12324000.jpeg
c0208691_12333559.jpeg
機首切断展示物はコクピット乗り放題。搭乗員ってシートの座面を踏まないと乗り込めないことがわかりました。
c0208691_12365049.jpeg
保存状態も大変良いものが多く、鼻血が止まりません(ウソ)。こんなモノだってあります!
c0208691_12390495.jpeg
お土産屋も魅力的なモノばかり置いています。今日はコレを買っちゃいました。
c0208691_12420909.jpeg
ここはブルーエンジェルスの故郷です。この展示品も大迫力!
c0208691_12441192.jpeg
明日も訪れる予定。そこで細部写真はまた後でご紹介します。乞うご期待!






by me262b1 | 2019-08-04 12:45 | IPMS | Comments(2)

2019模型旅行in USA ②

成田まではJR+リムジンバスで14:25到着。大宮そごう前のバス停でMaximum夫人の見送りを受けながら、キチンと挨拶できたか不安なマストです。成田の出国審査で靴とベルトを外されたのは私とnabe3。スリッパは貸してくれました。
c0208691_21134068.jpeg
搭乗する飛行機は、アメリカン航空B-777。全座席にモニターがあり、映画や音楽はもちろん、ゲームも楽しめます。でも、神経は足元の完成作品に集中。「壊れてないかな」「前席に人のカカトで踏まれないかな」と杞憂に苛まれつつ離陸。まずは11時間半の空旅を体験。途中「アリータ バトル・エンジェル」を楽しみましたが、その後は乗り物酔いで、CAさんの「朝食のエッグorヌードル?」の勧めにも「No,thank you!」と返すのがやっとの状態で、ダラス空港に到着しました。変わり映えしませんが、コチラはダラス空港の写真。
c0208691_21235988.jpeg
エアライナーもいいなぁ。
c0208691_21250679.jpeg
入国審査で問題発生。naba3 隊長はすんなりパスしましたが、他の隊員は「あの機械で申請したのか?」と絡まれて、しぶしぶ機械の前に並びます。申請終了の紙を握りしめて再び並ぶと、「オマエら搭乗員か?それとも車イス使用者か?なんでここに並んでるんだ?」と絡まれ、泣きそうになります。「さっきオネエさんがここに並べと言った。」「どのお姉さんのことだ。」「あの人だ!」のやりとりの末、なんとかパスしましたが、初アメリカにして苦難のスタートとなりました(笑)。その後もnabe3とマストの荷物がレントゲンで引っかかり(今度はスリッパ無しの裸足)、空港内で作品展示となったり、すったもんだのトランジットの機体MD81で目的地のペンサコーラに到着したのは20:20ごろ。明日はこの博物館を訪れます。
c0208691_21414864.jpeg
レンタカーは白いダッジでリムジンみたいに立派です。1泊目の宿泊先「モーテル6」の208号室からマストのレポートでした。 追伸:作品は奇跡的に無傷でした!
c0208691_21564200.jpeg


by me262b1 | 2019-08-03 21:44 | IPMS | Comments(4)

ああ、素晴らしき模型人生


by me262b1