Do335A-12改 夜間戦闘機vol.4

あけましておめでとうございます。
今年も模型道に迷い、進んでまいります。
よろしくお願いします。
さて、今年の製作目標は…
1Do335A-12改
2 F-15DJアグレッサー
3 Bf109
以上3作品を完成させたいと思います。期待しないで、お待ちください。

さて、その1から仕掛かります。
昨年末はコクピットをつくって胴体張り合わせて年越しなんて、甘い目論見でしたが、脚収容部の押し出しピン跡の修正の難しさと、ディテール不足からアイリスのレジンパーツに置き換えます。
c0208691_20394979.jpeg
右ビフォー、左アフター。薄刃ノコでそぎ落とすように不要部を切除。年明け早々面倒な加工でした。仮組みするとこんな感じです。
c0208691_21260583.jpeg
塗装しないと分かりにくいのですが、かなり密度感が高まりました。
次は受ける胴体を加工します。これまた神経をすり減らします。ビフォー。
c0208691_21300152.jpeg
アフター。よく切れるナイフで何回も切れ目を入れてくり抜きました。なかなか繊細な作業で、下翼部は切り残したんですよ。
c0208691_21310207.jpeg
いよいよ胴体貼り合わせの下準備として、国籍マークをマスキング。
c0208691_21333716.jpeg
塗るのは明日?




[PR]
# by me262b1 | 2019-01-05 21:37 | Do335A-12改 夜間戦闘機 | Comments(2)

Do335A-12改 夜間戦闘機vol.3

本日は今年最後のメルクールの会の例会日。たくさんの刺激をいただき、本ブログも更新致します。胴体の塗装中です。
c0208691_21233205.jpeg
カスタムモデルズさんから機関砲とレーダーパーツを受け取り、俄然燃えて来ました。
c0208691_21220124.jpeg
c0208691_21243418.jpeg
コクピットをつくって、胴体を貼りあわせて、年越ししたいものです。
[PR]
# by me262b1 | 2018-12-16 21:30 | Do335A-12改 夜間戦闘機 | Comments(2)
この三連休の戦果をご報告いたします。いつもは否定的なパネルラインの黒下地塗装にチャレンジしてみます。課題は上掛けする塗料の濃度。82からいきましょう。
c0208691_21462206.jpeg
次に81のスプリッター迷彩を施します。アラド社、ドルニエ社に多いドラブ系の色合い。上掛けする前にパネルラインの黒下地塗装。しつこいけど効果を試すにはこの部分にも色を重ねていきます。マスキングはいつもの拡大コピー、平面200%をさらに1.05倍にして側面は187倍くらいかと思われます。ここも濃度を落としつつの作業です。
c0208691_21490215.jpeg

少し浮かせた淡いボカシ塗装。本人的には合格です。この後、コロコロ打ちの浅いリベットを浮かせるようなウェザリング塗装ができるか否かが勝負ですね。
c0208691_21493372.jpeg
翼上面基本塗装の完成です。この後夜戦特有のミラーウェーブ塗装が待っています。
c0208691_21495951.jpeg
下面は76を黒立ち上げ塗装で重みをつけます。磁石を埋め込むため、まだ上面と接着していません。国籍マークを先にグレーで塗ってから貼り合わせましょう。
c0208691_21505869.jpeg
胴体のリベット打ち&スプリッター迷彩が先か、翼のミラーウェーブ迷彩が先か、それが問題だぁ。
[PR]
# by me262b1 | 2018-11-25 22:16 | Do335A-12改 夜間戦闘機 | Comments(6)
次回作が始動します。
1つはDo335A-12改 夜間戦闘機、もう1つはF-15DJアグレッサー、いずれも48です。
2019年の7月半ばまでには展示台付きで2機とも完成することを目論んでいますので、危険な2機並行製作を試みます。「二兎追うものは一兎も得ず」の言葉がチラつきますが後には引けません。
c0208691_17170991.jpeg
まずはDo335A-12。複座機の後席をレーダー手席に仕立て、アンテナを林立させます。機銃は主翼に30mmを2門とし、機首の機銃は全て取っ払います。塗装はノーマルの81/82の上に76のミラーウェーブ塗装をかます構想です。
今日はコロコロリベット打ち。そのためのリベットラインを図面に赤線で入れて、機体に移します。コロコロは1/32用を使用。鼻っから失敗しまくりで、前途多難です。

[PR]
# by me262b1 | 2018-11-11 17:17 | Do335A-12改 夜間戦闘機 | Comments(6)
2018年10月27日、28日に開催されたメルクールの会作品展示会では、多数の来場者をお迎えすることができ、会員一同感謝申し上げます。都心から離れた場所にも関わらず、関東近県はもちろん、遠くは富山県からもお越しいただきうれしい悲鳴をあげています。私共の作品を 熱心に時間をかけて見ていただき、胸がいっぱいになりました。
c0208691_10304587.jpeg
次回は2年後の2020年、当会創立40周年を迎える年の開催となります。期待を裏切らない作品が数多く並ぶように、今日からまた、新たなスタートを切ります。



[PR]
# by me262b1 | 2018-10-29 10:35 | その他 | Comments(6)

ああ、素晴らしき模型人生


by me262b1