F-16C製作記vol.05

キャノピー塗装がほぼ終了しました。フレーム内側もそれらしく加工してあります。
c0208691_9305626.jpg
c0208691_9303426.jpg

c0208691_932247.jpg

キャノピー黒フチ部のリベット表現は、再検討しなくては…。
[PR]

# by me262b1 | 2017-05-04 09:34 | F-16C | Comments(0)

F-16C製作記vol.04

今日はキャノピー加工。前部はスモーク、後部はクリアタイプです。
モデルグラフィックスで見たコイツを使います。
c0208691_12534186.jpg

思った通り目が細かく、時間がかかるのでラプロスの#2400-4000-6000-8000の後、ヤスリスティック:フィニッシュを使いパーティングライン を消しました。
その後にスジボリ堂のコンパウンド1・2・3を初使用。専用の研ぎ出しクロスでピカピカにしました。
c0208691_1301290.jpg

このキットにはマスキングシートが付属していないので、マスキングテープの乱切りでカバーしました。
c0208691_1315463.jpg
内部はマスキングテープ+マスキングゾルでコートしてあります。
今日中に色を乗せられるかな?
[PR]

# by me262b1 | 2017-04-30 13:05 | F-16C | Comments(0)

F-16C製作記vol.03

遅々とした歩みですが、製作は進んでいます。
大きな変化はアイリスのコクピットパーツをカスタムモデルズさんから入手したこと。
俄然士気が上がり、各部を塗り進めています。
勢いで、濃すぎたブルーを塗り直しました。
c0208691_20213955.jpg
c0208691_2021178.jpg

かなりボケ味が向上したのは、He219以来のブルタックを使用したことが要因。
c0208691_20242776.jpg

塗装図を拡大コピーしたモノを丁寧にカットし、裏面にブルタックを貼っていきます。
これで塗装予定部分を覆えば、前述の塗装面になります。
[PR]

# by me262b1 | 2017-04-03 20:28 | F-16C | Comments(4)

F-16C製作記vol.02

待っているコクピットパーツが到着しないので、胴体や主翼塗装に入ります。
マスキング過程の写真が見つからないので、こんな感じです。
c0208691_19583997.jpg
c0208691_19582155.jpg

一番濃い青はFS35190のつもりなんですが、チャートが見つからないので写真で判断して塗りました。大分暗くなった気がします。カミワンさん、またFSカラーチャートを見せてくださぁい。
[PR]

# by me262b1 | 2017-03-06 20:04 | F-16C | Comments(0)

タミヤ48 F-16C製作記vol.01

F-16は、10年くらい前にタミヤ32をイスラエル仕様で作って以来です。
各型が作れるようにしているため、不要パーツの多いことドラゴンAFVの如しです。
またピン跡が多く残っており、しかもバリ状の突起になっているものもあり、タミヤらしからぬ面が見られます。説明書は親切ですが、4つのタイプから選択するために、あちこち穴を開けたり、パネルを埋めたりの作業が面倒です。文句ばかり書きましたが、モールドは絶品で、制作意欲をかきたてられます。今回はブルー系3色のアグレッサー仕様(ブロック30)で制作開始です。
インテークを貼り合わせるべく白で塗るものをまとめて処理しています。
c0208691_2262395.jpg
c0208691_2265160.jpg

インテーク内部の仕切り?はチタン色で塗ってからマスキングして、インテーク貼り合わせ部分を処理、白で塗ってから外す算段です。上手くいくかどうか?
[PR]

# by me262b1 | 2017-02-19 22:02 | F-16C | Comments(4)
line

ああ、素晴らしき模型人生


by me262b1
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31