F-14トムキャット製作記vol.02

本来ならば今日は「4」まで進めるところですが、気になるところの修正をやっています。
まずはベントラルフィンのヒケを埋めます。黒を塗ってから削り、位置と深さを調べます。
c0208691_20264923.jpg

さらに削ってからポリパテで埋めました。
c0208691_20283195.jpg

明日ポリパテを削ったら、早速赤く塗りたいなぁ。
次に垂直尾翼の補強板を修正します。crossdeltaのインレットシールが扱い易そうだったので入手しました。モールドを削り落としたら、説明書通りに3枚重ねて貼り、高低をつけます。
c0208691_20324860.jpg
c0208691_20331766.jpg
c0208691_20333976.jpg
明日、裏面の加工が終了したら、これまた塗装をはじめちゃおうかな。
[PR]

# by me262b1 | 2017-08-04 20:39 | F-14A トムキャット | Comments(2)

F-14Aトムキャット製作記Vol.01

2017年の授賞式&懇親会は盛り上がりました。
kozaikuさんと奥さま、そのお友達。東武賞のH本さんとその友人でろうがんず賞を受賞者としぇいきんぐさん等々沢山の方々とお酒が入ったお話はとても楽しい時間でした。
ろうがんず賞受賞者の縁故で、名札に石坂師匠のサインをいただいちゃいました。
c0208691_2034029.jpg

最高のひと時でしたが私自身、実は体調が絶不調。全身打撲の上、右手の握力がかなり落ちています。本来ならばリハビリ期間ですが、夏休みというせっかくの「稼ぎどき」ですので、タミヤ48:F-14Aの完成を目指します。少しお手つきしていましたが、それはさておき8月1日から45日間での完成を目指します。45という数字は、組立説明書の手順数のこと。リハビリにはこの手のハンディが重要と考えています。昨日・今日でトリセツ3まで進みました。
c0208691_20463741.jpg
c0208691_20471849.jpg
エドュアルドのカラーエッチングを利用していますが、ホビーボス仕様しか持っておらず、切った貼ったでこんな状態にしています。調子が良いうちに貯金をつくらなくっちゃ。
[PR]

# by me262b1 | 2017-08-02 20:53 | F-14A トムキャット | Comments(4)

東武タミヤモデラーズコンテスト2017 その2

写真の容量が大きいので「その2」です。
常連のK村氏のこの作品が「佳作」です。絶対トロフィーものだと思うのですが・・・。

c0208691_09123321.jpg

ドイツ物でトロフィー獲得!おめでとうございます。憧れます、1/48 Me262。

c0208691_09150027.jpg

作りたいなら、このキットも。発売後何日間?でこの仕上がり。
箱を開ける前からこの構想を練っていたんでしょうね。

c0208691_09182662.jpg

右半分はテカテカの新車仕上げで、左半分は悪路走破後の泥ハネ・乾燥状態。発想が素晴らしい。
他にも印象に残った作品を2点ご紹介します。

c0208691_09221407.jpg


c0208691_09261503.jpg

フィギュアと愛車・愛機の組み合わせが大好物な私としては、両者とも選外なのがとても残念。
入賞のハードルがどんどん高くなる、2017東武戦線でした。



[PR]

# by me262b1 | 2017-07-28 09:34 | その他 | Comments(0)

東武タミヤモデラーズコンテスト2017

東武タミヤ戦線2017の戦果をご報告をいたします。

c0208691_08440993.jpg

おかげさまで、今回も「佳作」をいただくことができました。
審査員の皆様ありがとうございます。今年は久しぶりに授賞式に参加できます。
私の作品はコチラ。

c0208691_08494389.jpg

直上の光が鏡面アクリルに反射してF-16自体が見づらいのなんのって(笑)。

同じ佳作には、kozaikuさんのシャドゥボックス的なヴィネットがありました。

c0208691_08520835.jpg

手前のアクリルに反射して、不気味な手が写っちゃいましたが、手前の下がって来る砂漠の坂道でのJeep修理場面。タイヤそばのランプをはじめ、随所に手は入っていてとても緻密な仕上がり。なんと、背景の月は光るそうです、見たぁ~い!

お知り合いの方が東武賞!英海軍の1/48コルセアはストーリー性、展示台とも秀逸。

c0208691_08580512.jpg
c0208691_08583792.jpg

このプレートは手作り?センスの良さに脱帽です。

c0208691_09013810.jpg

まだ続きます。

[PR]

# by me262b1 | 2017-07-28 09:07 | その他 | Comments(9)

F-16C製作記vol.13

エンジンノズルは結局、ヴォイジャーのエッチングパーツの加工が間に合いませんでした
そこでアイリスのレジンパーツの出来が良いのでこちらでいきます。
(とはいえ、アイリス板のリベット表現はいただけませんが…)
ここで塗り分け方法を誤ってしまいました。
c0208691_20232016.jpg
先に重なる部分をぬってからマスキングしようと考えましたが、失敗。
c0208691_20252079.jpg
これが王道ですよね。ノズル内部はフィニッシャーのカーボンマットブラックを塗った後、タミヤエナメルのフラットホワイトを塗って乾燥後、綿棒で凸部の白を落として見ました。結果こうなりました。
c0208691_20264840.jpg

注文しておいた展示台も届き、完成です。
c0208691_2028682.jpg
c0208691_20292291.jpg

輸送箱も完成し、本日、東武戦線に投入してきました。受付番号は136でした。
これで「12年連続参加」出来ました。
[PR]

# by me262b1 | 2017-07-17 20:40 | F-16C | Comments(4)