<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

F-16C製作記vol.13

エンジンノズルは結局、ヴォイジャーのエッチングパーツの加工が間に合いませんでした
そこでアイリスのレジンパーツの出来が良いのでこちらでいきます。
(とはいえ、アイリス板のリベット表現はいただけませんが…)
ここで塗り分け方法を誤ってしまいました。
c0208691_20232016.jpg
先に重なる部分をぬってからマスキングしようと考えましたが、失敗。
c0208691_20252079.jpg
これが王道ですよね。ノズル内部はフィニッシャーのカーボンマットブラックを塗った後、タミヤエナメルのフラットホワイトを塗って乾燥後、綿棒で凸部の白を落として見ました。結果こうなりました。
c0208691_20264840.jpg

注文しておいた展示台も届き、完成です。
c0208691_2028682.jpg
c0208691_20292291.jpg

輸送箱も完成し、本日、東武戦線に投入してきました。受付番号は136でした。
これで「12年連続参加」出来ました。
[PR]

by me262b1 | 2017-07-17 20:40 | F-16C | Comments(4)

F-16C製作記vol.12

いよいよ最終局面です。
翼端部に放電索を取り付けます。マスター社製なので安心していたら、
ビックリの取り付け方です。
c0208691_215730100.jpg

翼に溝を刻み埋め込め!って私の腕と工具では難易度高すぎです。
そこで半円形のモールドのみ削り、マスター社のソレを瞬間で接着しました。
c0208691_2211173.jpg

プライマー処理後に塗り分けていきますが、このペースで17日の〆切に間に合うのでしょうか?
[PR]

by me262b1 | 2017-07-09 22:03 | F-16C | Comments(0)

F-16C製作記vol.11

本製作記vol.9で「下面工作にウッカリさん」と書きました。
本当に恥ずかしくて無視しようと思いましたが、修正することにします。
c0208691_2016911.jpg

国籍マーク左のタテ線は、そうパーツ貼リ合わせ線です。
もう一箇所
c0208691_2019568.jpg

エアブレーキ下面にも同様の線が残っていました。塗装前、否、組み立て後でもデカール
前に決断していたらもっと楽に修正可能だったと思いますが、この段階での修正は命取りでは?
と不安が先行します。
ええぃ!とばかりに伸ばしランナーを瞬間で貼り、切削工事開始です。
c0208691_20235425.jpg
ドキドキ??
c0208691_20243329.jpg
さあ、後には引けません。
c0208691_20252324.jpg

格闘すること小一時間、こんな感じに仕上がりました。
もっと時間をかければ、もう少しマシになるかも知れませんが、デカール剥離、断裂の危険性も
少なくありません。ここで修正は終了! 第二次攻撃の要ありと判断したのに実行できない…。
所詮私も、南雲提督を超えることは出来ませんでした。
[PR]

by me262b1 | 2017-07-03 20:31 | F-16C | Comments(4)