<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

S-3B製作記13

新兵器をどんどん投入して、士気を高めます。カウリング以外の大きな障壁は、後席クルー用の側面窓をどう再現するかという問題。
c0208691_22192665.jpg
キット付属のパーツは深さ1mmを超えるエクボがあり修正不可能と判断。そこでコイツの登場です。ガイアノーツのUVジェルクリアは透明度を重視しない場合のクリアパーツ製作の切り札です。
c0208691_2219569.jpg
付属のペンライトで40秒ほど照らせば硬化完了。今回は窓枠に裏打ちしたセロテープをあてて硬化液を流し込み、ライトを照射。紫色が目に悪そうですが気にしません。
c0208691_22245242.jpg
セロテープが均一に水平面を出していなかったようでこんな感じに仕上がりました。
c0208691_22265088.jpg
外してみるとこんな状態。ペーパーで磨きましたが切削性も悪くなさそうです。
c0208691_22275163.jpg
どうせ濃いスモーク塗装をかけるのですから「いけそうな気がする~」。
[PR]

by me262b1 | 2015-03-30 22:30 | S-3 Viking | Comments(6)

S-3B製作記12

お騒がせのエンジンポッドでしたが、ようやく光がさしてきました。
セラミック製のキサゲを購入。税別¥2800と散財しましたが、効果抜群!
c0208691_2245511.jpg

気持ちいいほどキレイに削れます。形状が他に流用出来ないほどピッタリということもあり塗装前ですが、一件落着した気分。

この機体にはハープーンの他に燃料タンクを1つ付けようと物色したところハセガワ48:A-7EコルセアⅡのものが使えそうです。
c0208691_22491928.jpg
ストーンワーゲンさんにお骨折りいただき先日入手しました。お忙しいところ、無理を言ってスミマセンでした。該当パーツはモールド色が若干、緑に変色していましたが問題なし!本日貼り合わせました。
c0208691_22505570.jpg
ド汚く塗装する予定です。
[PR]

by me262b1 | 2015-03-29 22:56 | S-3 Viking | Comments(4)

S-3B製作記11

なかなかブログを更新できません。時間が無いって言うより、手が止まっているからです。
でもこの週末は、ほんのちょっぴり作業が出来ました。まずはエンジンポッドの内側の仕上げ。
黒く塗ってペーパーをかければキズや凹部分がわかるであろうと作業しました。
c0208691_19435394.jpg

c0208691_19463589.jpg

この黒い部分にポリパテを盛って、ペーパーをかければ終了って思いました。
悲劇はここから!「スベスベ」がとんでもないことに!
c0208691_19522697.jpg

硬化剤によるの収縮率の問題か、平らに延ばすために付けたシンナーが多すぎたのか、
右のポッドのエッジ部分が浮いてきてしまいました。この状態での修正は考えず、こそぎ落します(泪)。
c0208691_19563770.jpg

左ポッドは剥離の様子がありませんが、最近ニュースで騒がれている「耐震ゴム問題」もあり、
このまま作業を進めて、完成間近で「パックリ」なんて悲劇だけは避けたいもの。
剥がれないけど剥がすしかないか・・・。
[PR]

by me262b1 | 2015-03-22 20:02 | S-3 Viking | Comments(8)

S-3B製作記10

8日の日曜日はメルクールの例会でした。
会員は静岡合同展示会を意識してか?いつも以上に工作に熱が入っていました。
かくいう私は、2015年初参加。S-3Bのメタル脚柱を磨いたり、エンジンポッド
の内側にペーパーがけしたりと、お話ししながらでも手が動く作業を進めました。
今週はその余熱から、毎日短時間ではありますが作業を進めております。
c0208691_2235498.jpg

仕掛っていた着艦フックボックスを左右接着。
c0208691_22352752.jpg

合わせ目を消すためにプラ板で作っておいた「壁」を貼り付けます。
c0208691_22354724.jpg

着艦フックのダンダラマスキング。
c0208691_2236947.jpg

塗り終えて、マスキングテープを外したところ。この後側面を修正して
先のボックスに収めます。胴体貼り合わせ前に必要な作業を優先します。
[PR]

by me262b1 | 2015-03-10 22:46 | S-3 Viking | Comments(4)

S-3B製作記09

ヒコーキの模型を作っていて、致命的なのは機体のラインの捉え方が間違っていること。次につらいのがクリア部品が使えないこと。
もっと早く気付けばよかったんですが、少しでも作業を進めようとキャノピーのマスキングを思い立ち、キャノピーを切り出しました。ギャー!内側にもっさりしたパーティングライン発見!内側でしかも凹線の様子。ここを境目に上部をサングラス塗装せよってわけでもなさそうですし・・・。
c0208691_2373624.jpg
c0208691_2375664.jpg
完成品写真を探すけど微妙な角度で撮影していて該当箇所がよく見えません。このS-3を制作された経験がある方?どう処理されましたか?ご教授ください。また2列目のシートのクルー用のサイドの窓も平成の所業とは思えない大きなヒケ発見!
c0208691_2328880.jpg

何だかモチベ急降下中です。
[PR]

by me262b1 | 2015-03-02 23:30 | S-3 Viking | Comments(4)