<   2014年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

F4U bc 製作記 18

昨日はメルクールの例会で、会員の皆様からヤル気を注入していただきました。
そしてもう1つ重要なことは、貴重なパーツを供給していただけたこと。
御覧の通り壮絶な密度で再現されたF4U用ブラッシンのレジンパーツ。
c0208691_21143480.jpg

アップです。Firestoneの文字が読めますか?
c0208691_211571.jpg

欠点はホイール部分を裏から削って穴をあける作業があること。結構面倒くさいです。
c0208691_21152313.jpg

マスキングシート付きで¥1300とはお買い得です。御用命はカスタムモデルズさんへ!

足元を固め、これで一気に完成に近づけるかな?
[PR]

by me262b1 | 2014-02-24 21:27 | F4U bc | Comments(4)

F4U bc 製作記 17

映画監督の小津安二郎さんが名作「東京物語」の撮影中、セットに納得がいかなかったそうです。その時タンスの引き出しを開けて中身が入っていないのを見ると「これ(が原因)だ」と叫び、その家族が着ると思われる(価格と数の)服を入れてようやく納得して撮影が続いた逸話を読んだ記憶があります。私の様な感性ではそこまで完ぺきを求めませんが、今回のコルセアではdeavionさんの製作記に書かれていた「翼内機銃」はこんな感じに見せたいと思っていました。
c0208691_19453587.jpg
初めは丸プラ棒に0.4mmの真鍮パイプを埋めて表現しようと思いましたが。キチンと中心に穴あけできず上下不揃いになってしまいました。
c0208691_19461187.jpg
そこで思いついたのがコレ
c0208691_19462855.jpg
こんな処理でも黒く塗ればほとんど見えません。一応機銃配置は気持ち「奥行き」に段差をつけましたが、やはり小津監督には近づけそうもありません(笑)。
c0208691_19464498.jpg
勢いで脚カバーのナンバーのマスキング塗装にも挑戦。ケース1
c0208691_1947771.jpg
ケース2
c0208691_19472225.jpg
どちらのほうがキレイに決まるかな?
[PR]

by me262b1 | 2014-02-22 20:22 | F4U bc | Comments(4)

F4U bc 製作記 16

愚痴を言っても始まりません。プロペラの根元を修正します。今回はウエーブの黒瞬間で溝を埋めます。
c0208691_1921582.jpg
パテを削ったら先端に黄色を塗りますが、発色を良くするために下地にフィニッシャーズのファンデーションクリームを塗りました。イエローウイングの予習です。
c0208691_19212083.jpg
プロペラ色には茶+紫+グラファイドブラック(ガイアです。小生初使用)の混色で実機写真に似せました。黒を活かすためには黒は使わない原則を守ります。スピナー?にはツヤありの黒紺を塗ってアクセントにしました。根元の銀は仮塗りです。このあともう一工夫してみます。
c0208691_19213581.jpg
主翼を進めます。滑り止め部分に使用感を出してみます。ビフォー
c0208691_19214859.jpg
アフター。ラプロスの#6000-8000で滑り止め部分を擦ってみました。
c0208691_1922257.jpg
写真より実物の方が塗装の剥がれが再現できています。目の細かいラプロスって本当に役立ちます。
[PR]

by me262b1 | 2014-02-16 19:43 | F4U bc | Comments(2)

F4U bc 製作記 15

褒めちぎっているタミヤのキットですが、?な部分もいくつか見られます。
その1つがプロペラ機部の処理。
c0208691_751145.jpg

コルセアの魅力の1つが4m近いこのプロペラブレード。
タミヤなのに接着面の処理なしにスッキリ見せられないのは
強度を優先したからなんでしょうね。
c0208691_753812.jpg

今のタミヤなら別の方法もあったのでは?と文句の1つも言いながら丁寧に処理しようと思います。
[PR]

by me262b1 | 2014-02-13 07:08 | F4U bc | Comments(2)

F4U bc 製作記 14

雪かきもそこそこに、コルセアの製作を進めます。
今日の大仕事は「胴体の接着」or「主翼の接着」でしたがエンジンのパイピングが気になってチョイと
いじっちゃいました。まだ接着はしていませんが意味不明の前面をひねるパイピングはこんな感じ?
c0208691_20595040.jpg

キャノピーもマスキング完了していたので塗装します。ビフォー
c0208691_210456.jpg
アフター
c0208691_21135364.jpg

気になっていたエンジンカウリングを外した時のビス穴。外のモールドに合わせて穴をあけてみました。
ビフォー
c0208691_2184572.jpg
アフター
c0208691_2191226.jpg

他にも気になることをいじっていたら大仕事までたどり着けませんでした(笑)。
c0208691_21141729.jpg

次の例会までには大仕事を2つとも片づけておきます!
[PR]

by me262b1 | 2014-02-09 21:18 | F4U bc | Comments(4)

F4U bc 製作記 13

関東地方は大雪でした。今の家に住んで一番降ったんじゃないかと思うほど雪かきをしました。
昼間に(おもしろくて)近所のArioまで徒歩で買い物に行くと、途中の道には(風も強くて)
雪の表面に風紋?がついていました。奥さんが雪国の人で冬に遊びに行くとこんなもんじゃない
んですが、そこは「雪に弱い関東」ということでお許しください。
さて今日はエンジンを進めることのにしました。排気管の調色に時間がかかりましたが
納得いく色になったので、マスキングして塗り進めます。ちなみにこれは排気管と吸入管の色が逆です。
c0208691_2131447.jpg
c0208691_21312851.jpg

あとはパイピング(ワイヤー)処理を残すのみ(後回しにしようかなぁ)。
c0208691_21314655.jpg
1か所だけワイヤをつけてみました。かなり面倒くさいです(笑)。
c0208691_21484359.jpg

明日は楽しい胴体の張り合わせ?それとも主翼の完成?
[PR]

by me262b1 | 2014-02-08 21:50 | F4U bc | Comments(4)

F4U bc 製作記 12

組立説明書の順番をを無視しても、平日できる作業を積み重ねて完成を目指します。
昨日からキャノピー等の透明部品のマスキングをしています。
c0208691_19492327.jpg
タミヤの指示通りにマスキングシートをカットしたんですが微調整が必要でした。
c0208691_194938100.jpg

私のカットが悪かったせいでしょうか?
[PR]

by me262b1 | 2014-02-05 19:52 | F4U bc | Comments(4)

F4U bc 製作記 11

胴体の国籍マークと「114」のレターを描きます。
原寸大コピーをにらみながら昨日と同じ手順で進めます。
c0208691_183289.jpg

違うのは取ってつけたような白横バー。これが仇となって大失敗。
c0208691_1833199.jpg

#6000ペーパーでいったん落としてからやり直すことにしました。薄く塗っていたことが不幸中の幸いと
気を取り直し、レターは同じく原寸大コピーをくりぬいて作りました。
ちょっと手順を変え白い部分はすべて先に塗りました。
c0208691_1842076.jpg
c0208691_1843954.jpg

左も完成したので、今日はこんなところで許してください(汗)。
[PR]

by me262b1 | 2014-02-02 18:08 | F4U bc | Comments(4)

F-4U bc 製作記10

今日は国籍マークをマスキングで塗装しました。
海兵隊は(じゃなくてこのころの米海軍機も?)主翼上下面の左右にマークが描かれているので
胴体も入れると、合計6か所もマスキングしなければなりません。
これは結構しんどいです。まずは白(クレオスの311)→丸をマスキングしてブルーグレー→そのあと星をマスキング→インシグニアブルーを塗り重ねます。塗膜の厚みも考えながら吹いていきます。
c0208691_18312571.jpg
修正前ですが左翼上下面(スミ入れズミ、ふき取りなし)
c0208691_18315774.jpg
同じく右上下面。そうそう、燃料キャップにオレンジレッド、識別の白線も塗ってあります。
c0208691_18321670.jpg
国籍マークはありませんがライトグレーにスミ入れした翼下面です。」
c0208691_18323323.jpg
明日は胴体に国籍マークを描く予定です。
[PR]

by me262b1 | 2014-02-01 19:35 | F4U bc | Comments(4)