ブログトップ

ものづくり共和国

me262b1.exblog.jp

ああ、素晴らしき模型人生

<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

毎日手を動かしていますが、目に見える変化がわずかです。
コクピット後方の無線機はカラーエッチングに置き換えました。
c0208691_7483170.jpg

スコープは2つ共フード付きにしましたが、1つくらい外した方が良かったかなと反省。
コクピット床下=前脚収納口の電気配線は黄色に塗り分け。
c0208691_749334.jpg

その他こまごました部分も少しづつ塗り進めています。
c0208691_7493391.jpg

この塗装&細部工作のどれくらいの部分が完成後も目にすることが出来るのでしょうか(笑)?
[PR]
by me262b1 | 2013-08-28 07:52 | He219 | Comments(4)
富士総合火力演習に行ってきました。一般公開に先駆けて24日の予行を見学です。
メルクール会長のご家族に自衛隊関係者がいたおかげで「青券」をいただき、会長と2人旅です。
24日当日の移動では上尾始発に乗っても、現地到着が開始時間直前になりそうだったので
前日沼津に一泊しての大尽旅行です。(新幹線で缶ビール、現地では三軒ハシゴとアルコール三昧!漁港があるだけに新鮮な海産物をたくさんいただきました)

当日の朝、沼津発6:23の御殿場線で一路北進。御殿場からは有料送迎バス(往復1100円)で
演習場に到着です。準備された厚手の迷彩ビニールシート最前列のブロックに座れました。
(そのブロックの最後列ではありますが、最前列から10mとは離れていないS席です!)

予行の予行で155mm自走榴弾砲の実弾射撃開始です。
c0208691_8473140.jpg
アパッチもローパスしてきて興奮度大になってきました。
c0208691_848095.jpg
c0208691_848274.jpg

荒れた演習場の整備が始まったのでトイレ&売店巡りをしていた時「マストさん」と呼ばれる声。
「こんなところに知り合いはいないぞ」と思いながら振り返ると、フランクパパが「お仕事」をしていました。恐らく数万人はいたであろう群衆の中でこの出会いは奇跡の様でした。
非情にも買い物はせず、自席に戻りました(ゴメンネ!)。

お尻が痛くなったころ演習が始まりました。99式もこの角度ならカッチョエエでしょ。
c0208691_8543767.jpg
CH-47も再接近です。
c0208691_8545979.jpg
87式自走高射機関砲は水平射撃を実演!このキットが本気で作りたくなりました。
c0208691_8552487.jpg
衝撃はここから。74式の105mmライフル砲の発射音に腰を抜かしそうでした。場内放送でも「耳を塞げ」と言ってましたが「ここまで来て耳を塞げるか」とノーガードで臨み「やられ」ちゃいました(心地よい敗北感)。
c0208691_9134299.jpg
90式は重戦車の貫録でした。120mm滑空砲って音がそれほどでもないと勝手に想像していましたがその衝撃波は105mm以上。体が震えてきます。
c0208691_855481.jpg
真打の10式はスラローム走行をしながらの射撃。その機動性の良さを実感するとともに砲撃の衝撃波を5~6発(もういいよってくらい)喰らいました。
c0208691_8561213.jpg

F-1等のレース観戦でも感じますが「音」と「臭い」は現地じゃないと味わえない醍醐味だと再確認しました。まだ、この衝撃を味わったことのない人は、来年是非どうぞ!
[PR]
by me262b1 | 2013-08-25 09:32 | その他 | Comments(7)
出来そうなところ、やりたいところからつまみ食いします。
この赤いダンゴの正体はな~んだ。
c0208691_964657.jpg
実は射出座席用のガスボンベ?です。今日はコクピットを進めます。
計器板はとてもいいモールドでしたが、ローガンズには上手に塗り分ける自信なし。
そこでエッチングに置き換え一部プラ板等で立体的にします。
ナイフ&ヤスリで削り倒します(シート同様、モールドなしの計器板もパーツ化して欲しかったなぁ)。
c0208691_995229.jpg

ドイツ機(だけ?)は右に電気系ケーブルが走り、左側にスロットル等の操作ケーブルが配置されている筝がキットからも理解できました。
細部のパーツも塗り分けも進み、60%完成といったところです。
c0208691_9121634.jpg
c0208691_9125312.jpg

なんだかワクワクしてきました。後はシートやスロットル類と無線機です。
[PR]
by me262b1 | 2013-08-21 09:22 | He219 | Comments(8)
脚の続き。
そう、秘密でも何でもなくHe219は極端なテイルヘビーでかなりのオモリを機首付近に集めないと
尻もちをついてしまいます。特に前脚はプラ製では荷重に耐えられないと判断し、造型村もメタル脚
を同封してくれています。(写真右が同封品)
ですがこの出来が「梅」なんですね(笑)。Gファクターの別売品(左)はディテールも秀逸で
(少し大袈裟?)製作意欲をそそります。何より前脚にステアを効かせられるところで「採用」決定です。
c0208691_8445159.jpg

また別売品にはこんなうれしいサービスが付いてきます。主脚カバーのガイドレールです。左が修正後。
c0208691_845739.jpg

さあ、脚に目途がついたので今日はシュレーゲ・ムジークに取り掛かりました。銃身はマスター社製に交換。この写真では銃口が開いているのがわかりませんね(アチャー)。
c0208691_8452241.jpg

空薬きょうの排出口は部品の合わせ目の修正が難しかったのでプラ板の短冊を貼りました。
c0208691_8453796.jpg

こういうブロックを少しずつ完成させないと士気が上がりません、
[PR]
by me262b1 | 2013-08-20 09:06 | He219 | Comments(0)
造型村のHe219はアフターパーツも充実していて、まともに揃えたら諭吉さんが5枚じゃ足りません(驚)。悩んでいたけど注文したのがメタル脚柱パーツ。
入荷時期未定ということで、期限に間に合わないと困るので代金は払わず「入荷しいたら連絡」をもらうことにしました。
8/13に用事があって東京まで出かけた折、ちょっと遠回りしてAKBのボークスを覗いたところ「再入荷したメタル脚が今売り切れ」状態でした。
焦って注文カウンターに事情を話したところ「当店のミスで連絡出来ずスミマセン」とのこと。
「スミマセンじゃすみません」と穏やかに?お話しすると「何とかします。少しお待ちください」と待たされること約10分。
「名古屋店で1ケ在庫がありました。今、代金をお支払いいただければ元払いで明後日までにご自宅に直送いたします」とのこと。
勢いで代金を支払い(約束の1日遅れで)16日夜21:30にウーフーの脚が無事到着しました。
c0208691_195416.jpg

ボークスの誠意を評価してお礼の電話をした後、加工開始!
驚いたことに私が持っている最強ニッパーでは、湯口を切断できません!
組立上の注意を見ると「大型ペンチ」で切り取れとありますが、角度的にも性能的にもウチのペンチでは切れませんでした。(手が痛~い)
思い出したのがルパン3世の脱獄シーン。格子をヤスリで切っていた場面を思い出し「目立てヤスリ」で切断開始!時間はかかるものの切断に成功。
c0208691_19542821.jpg

しかしいい加減疲れてきたので我が家の大工道具箱を開けてみたら、ありました!(大型)金工ノコギリ。
目立てヤスリで切り口を作り、のこぎること10数分。何とかここまで来ました。
c0208691_19545712.jpg

まさに総力戦です(大袈裟)。なぜここまでして、このメタル脚柱にこだわるかは、次回!
[PR]
by me262b1 | 2013-08-17 20:09 | He219 | Comments(2)
飽きずに継続するために「胴体」「エンジン」「コクピット」を気の向くままに進めます。
今日は「胴体」の続き
#400→600→800→1000の順にペーパーがけしたら、洗面所でごしごし洗ってざるで乾かします。
c0208691_8322655.jpg

夏の暑さで20分もあれば乾きます。下地の黒を薄めに塗って、アルクラッドの「エアフレームアルミ」を隔壁と胴体後半分に薄く塗りました。
c0208691_8324747.jpg

胴体前半分のピン跡の修正を継続。下が未修正で上が#600までペーパーがけしたものです。
c0208691_8353456.jpg

あ~ぁ、やっぱり飽きちゃった!
[PR]
by me262b1 | 2013-08-15 08:37 | He219 | Comments(2)
この暑さのせいでしょうか?いや、とっても手ごわいキットです。造型村のHe219は。
例えば押し出しピン跡の処理。胴体内側を見せなきゃいいんでしょうが、コチラの
事情でさらけ出しますので、修正跡は御覧の様に数知れず。
c0208691_748161.jpg

黒い瞬間パテ、活躍しています。
c0208691_7483888.jpg

しかし、エンジン1基だけでもパーツ数は60超。そこそこのレベルに仕上げるためには
まるで難攻不落の要塞を攻めるようで、全く士気が上がりません。
c0208691_7552378.jpg

早く児玉元帥が登場してくれないと、出血死するか撤退するしか道が無くなりそうです。
[PR]
by me262b1 | 2013-08-14 07:56 | He219 | Comments(6)
埼玉も午後は暑くなりました。暑さに負けることなくDB603Aの銀塗装を始めました。
P-51Dの時の銀塗装データが見つからず、アルクラッド中心に試行錯誤しています。
c0208691_21584062.jpg
c0208691_21573745.jpg

塗っては削り、削っては塗りの微速前進が続きます。
c0208691_2159336.jpg

フィギュアは?って。とても見せられません(笑)。
[PR]
by me262b1 | 2013-08-03 22:00 | He219 | Comments(6)
DB603Aエンジンを黒の下地色に塗装しました。このあと数種類の銀色で塗り分け、上からクリアブラウン+ブラックで重ね塗りしていきます。いっぺんに2基塗ったほうか明らかに効率的ですが、今回は実験、2基目に勝負します。
c0208691_2110032.jpg

課題のフィギュアもバリ処理してサフがけしました。首は3つ、体は2つでレッスン開始です。
c0208691_2112568.jpg
c0208691_21121910.jpg
c0208691_21123269.jpg
ドキドキします。
[PR]
by me262b1 | 2013-08-01 21:13 | He219 | Comments(6)