<   2013年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


次の一手

He219の製作を続けます。段差の激しいパーティングラインやバリの山を削ったら、
まずは油落とし。ザルに入れて洗剤をかけ歯ブラシで磨きます。
水気が切れたら組み立て開始。パテ埋め&塗装を考え接着箇所は限定します。
c0208691_20363472.jpg

さて、自分の作品の完成度をもう一歩高めるために必要なものを考え、「次の一手」を打ちます!
c0208691_2037596.jpg

私の最大の弱点の1つ、フィギュアです。フィギュアマイスターになれれば、飛行機モデル
の脇役(主役?)として、作品全体の完成度を高められるはずだし、AFV復帰(情景入門)への
足掛かりになるかもしれません。「継続は力なり」の言葉を信じ、修行に入ります。
[PR]

by me262b1 | 2013-07-28 20:39 | He219 | Comments(12)

喜び半分

今日、10:00に池袋東武8Fに行って確認しました。
2013年東武タミヤモデラーズコンテストにおいて5回目の「HJ賞」をいただきました。
c0208691_2055218.jpg

関係者各位&応援してくださった方々、本当にありがとうございました。
タカサキブライアンさんには会場でお会いし、昼食もご一緒させていただきました。
普段なら歓喜の絶頂にいる自分ですが、今回はなんか違うんです。
HJ賞に不満はありません(いつも拾ってもらい感謝の言葉もありません)。
完成度の高い作品群の中、むしろよく受賞できたという僥倖に
ガッツポーズの1つもでないのは、多くの仲間や知人と作品をエントリーしながら
結果を喜び合えないことに素直に喜べない自分がいるだけです。
(kozaikuさんに懇親会でお会いできるのは、とってもうれしいのですが)

これ以上、何とコメントしてよいかわからないので今日はここまで。
[PR]

by me262b1 | 2013-07-25 21:02 | フレッチャー級 | Comments(24)

エンジン、行きます!

余りの手直し部分(修復のほうが近い)の多さに作業が進みません。
でも主翼の桁の修復が一段落したので、士気を高めるためにもエンジンに取り掛かります。
ざっとパーツを切り離しましたが、これですべてではありません。
c0208691_22125344.jpg

さっと接着&塗装したいところですが、離型剤が強そうなので洗ってからにします
(こういうところが作業を遅延させ「サクサク感」を減じ、「イライラ感」を募らせる部分です)。
しかも前作マスタングと同じようにピストン&コンロッドをモールドしています(笑)。
c0208691_22131686.jpg
接着したら全然見えないのに、完全に遊んでいます。こうなったら見せたろかい(暴挙)!
[PR]

by me262b1 | 2013-07-22 22:16 | He219 | Comments(12)

軽め穴を開けました

今日は所属するメルクールの会の月例会でした。
作り始めたHe219の愚痴を聞いてもらいながら、ストーンワーゲンさんのF4U-1に目が行っちゃいました(笑)。
例会場には工具を持っていかなかったので、おしゃべりを楽しみ、自宅に帰ってからここまで作業を進めました。
まずはエッチングパーツをマスキングテープで固定して、穴あけ位置をエアブラシで黒く塗ります。
c0208691_21592770.jpg
エッチングを外すとこんな感じ。
中心にカルコで印をつけピンバイスの0.5mm→3.0mmまで4段階に穴を開けていきます。
中心部に近い穴はは3.0mm以上なので、リーマーで黒く塗った部分まで削っていきます。
c0208691_2214385.jpg
ピンバイス工作不可能な部分はノコギリで切り飛ばし、穴開け→エッチング貼り→銀塗装→元通りに復元します。
c0208691_2201317.jpg
左翼の穴開けすべて完了しました!
c0208691_220286.jpg
やっぱりF4U-1に切替えようかな(本気)。
[PR]

by me262b1 | 2013-07-21 22:15 | He219 | Comments(6)

まだまだ発展途上なり

造型村のウーフーは、やはり手ごわそうです。
まずセロテープで「士」の字の仮組ができません。胴体、主翼とも切ってペタペタって組み立てられず
隔壁や外装によって強度を出す構造になっているので、ある程度部品の精度を出してから接着剤で
貼っていくしかありません。また、フレームパーツは初回ロットのも関わらずパーティングラインの段差
が大きくバリも発生していて、大昔のレベルを彷彿とさせる部分が目についてしまいます。
c0208691_21522837.jpg
c0208691_21524625.jpg

活躍したのは電動コードレスポリッシャー(電動歯ブラシのヤスリ版)で、そこそこの時間で必要な程度
に段差を消してくれました。
次回はエッチングに合わせて「軽め穴」をあけてみます。
c0208691_21531773.jpg

明日のメルクールの例会に持っていきますね♪
[PR]

by me262b1 | 2013-07-20 21:54 | He219 | Comments(0)

8回連続出場 成る!

おかげさまで昨日無事、東武タミヤコンに「フレッチャー級、進化論」をエントリーしてきました。
受付No.129で、これは過去7回の提出時間から推察するに、最多の応募数を数えるかもしれません。
abbyさん、フランクパパさん、ストーンワーゲンさん、そしてkunihikoさん、本当にありがとうございました。
2年前、シャローダイバーさんと一緒に受付をして以来の「仲間との応募」を経験させていただきました。
とても心強かったです。
さて最終日に手を加えたのはこのパーツ。0.2mmのハンダ線で作りました。何だかわかりますか?
c0208691_2218274.jpg
ブッブー、カッターに乗る際のロープ(縄梯子の代用品)です。実物通りの数だとウルサクなるので、適当に間引きました。
c0208691_22182370.jpg
そして最後の最後にタテ方向のサビを追加しました。AKの油絵具を使い、筆で気に入るまで線を消す&加えるを繰り返して終了です。
c0208691_22183796.jpg
判り難いと思いますが、2色使っています。
c0208691_22185055.jpg
何とか「使用感」と「清潔感」のバランスが取れたかな?と思っています。
c0208691_2219682.jpg

その後5人での打ち上げ(反省会?勉強会?)がこれまた楽しかったです!17:00前からガンガン飲んで
いたら、おつまみがついてこれず(入荷時間待ち)笑ってしまいましたが、話題がつまみで飲み進んでいきました。
共通の趣味で酒を飲みながら語り合える楽しみは(作品の制作が終わった達成感とあいまって)
時間を忘れるひと時でした。
その後、秋葉原に移動して模型屋散策。欲しかったパーツや本も手に入りご機嫌。
秋葉原でゲットしたものに「サプライズ」があって感激しましたが、これは後日紹介します。
abbyさんが一足先に帰宅されましたが、残りの4人はKunihikoさんオススメの店で飲みなおし、
おそばで〆て(美味!)お開きとなりました。とっても幸せな1日でした。

さぁ、次はこのアイテムに挑戦します!
c0208691_22331026.jpg

「はらわた」見せまくりで行きます。
[PR]

by me262b1 | 2013-07-15 22:41 | フレッチャー級 | Comments(14)

輸送前夜

フレッチャー級の記事もいよいよクライマックス。家族の不評をよそに最後の工作&塗装。
まずはボートと筏をすべてつけました。滑車やベルトも抜かりなく装着完了です。
c0208691_2344443.jpg
爆雷用クレーンも6基、伸ばしランナーで追加工してあります。
c0208691_23445850.jpg
張線も主要部はほぼ完了。今回もメタルリギング0.3号を使用しました。
c0208691_23451656.jpg
前部煙突後方(魚雷発射管前方)の4つのマルはキノコ型のベンチレーター。アフターパーツが見つからず、自作しました。救命用フローター籠が4つ見えますか?全部で7つ装着しました。
c0208691_23453179.jpg
DD-445は追加工しないつもりでしたが、この4本の支柱だけは伸ばしランナーで追加工しました。
c0208691_23454936.jpg
さて問題、この金丸は何でしょうか?
c0208691_234639.jpg
ピンポ~ン!展示台銘板を飾る「真鍮釘の頭」です。プラ製リベットに黒色→真鍮色を塗って瞬間で貼り付けました。
c0208691_23461938.jpg

明日の午前中も最後の追い込みです。16:00に遅れないようにいかなくっちゃ!
[PR]

by me262b1 | 2013-07-14 00:00 | フレッチャー級 | Comments(8)

お洒落は足元から

7月中旬とは思えない暑い日が続きますね。その上、職場は学期末で魔女の鍋の中の様相です。
待ったなしの仕事が次々と机上を襲いますが、頭の中はフレッチャー級で飽和状態。
とにかく、何が起こっても(倒れて入院とか?)作品が提出できるようにしておきます。
だから今日は作品カードづくり&ベース加工です。
アクリルの台座に貼った銀のテープは「テプラ」で作りました。時間があれば両端にリベットを打ちます。
c0208691_22323274.jpg
これがウワサの特注の木製ベースです。外寸は250×300mmで高さが60mm、頂部は200×250mm。アクリルの台座を埋め込んで固定するために200×60mm深さ5mmに彫ってもらっています(ムク材です!)。重さは・・・とにかく重い!今度測かっておきます(笑)。
c0208691_22334647.jpg
タイトルは『フレッチャー級、進化論(1942→1944)』に決まりっ。
さぁ、これで残り3日は後顧の憂いなく、2隻の最終仕上げに入れそうです!
[PR]

by me262b1 | 2013-07-10 22:52 | フレッチャー級 | Comments(14)

旗を高く掲げよ!

フレッチャー級の作業は予定より(予定通り)遅れています。
泣いても笑ってもあと5日、出来ることを1つでも進めておきましょう。
昨日は輸送箱が出来ました。2隻平行に収納します。
c0208691_2242344.jpg

見た目の悪さはご容赦ください。
c0208691_2245762.jpg

作品名(タイトル)も決まりましたが、これは後日発表。
今日は張り線少々と、そこに旗をつけました。
c0208691_2251981.jpg
c0208691_2253375.jpg

本当は白旗を上げたいくらいです(笑)。
[PR]

by me262b1 | 2013-07-09 22:06 | フレッチャー級 | Comments(2)

外堀も埋めました!

今日・明日が勝負なのに車が壊れたり、法事が入ったりと思うように作業が進みません。
でもとりあえずここまで進みました。フレッチャー級の外側手すりはネットがつきます。
c0208691_1882513.jpg
艦橋前面にTypeAのECMアンテナ(扇の骨の様なヤツ)が付きました(艦橋前面の形状が変わっているのに気付いた方がいたらビックリ!気付かなかった人は6/25のブログ参照)。
c0208691_1884492.jpg
延長された20mm単装機銃シールドです。
c0208691_1885861.jpg
後方には3基の20mm単装機銃が密集します。
c0208691_1891224.jpg
艦橋横の信号機?上から赤・緑・白の三色です。反対側とマストに4基合計6基の信号機を拡大鏡を見ながら塗りました。夕方以降では絶対見えませ~ん。
c0208691_1892896.jpg
少しウェザリングしたら、明日は張り線を進めます。オッとボートと救命筏の取り付けを忘れていました。本当に間に合うんでしょうか?
[PR]

by me262b1 | 2013-07-07 19:29 | フレッチャー級 | Comments(8)
line

ああ、素晴らしき模型人生


by me262b1
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31