<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2012年に向けて、始動開始

年賀状も大掃除も終わっていませんが、出来ることを今日やる!ってことで、2012年モデリングの第1作にタミヤ32:P-51D”Big beautiful Doll”を選びました。また、P-51Dかい!って突っこみが入りそうですが「銀塗装」って自己テーマが終わってません。やっとイーグルカルのデカールも手に入ったので来年に向けての助走開始です(休息期間が長いと手を動かすのがおっくうになりそうで・・・)。危険を承知でランナーについたままで銀塗装開始です。まずは下塗りでガイアカラーの光沢黒にフェラーリF10用の赤を少々入れたものを銀塗りする部分に吹いておきます。
c0208691_1422824.jpg
エンジンはスピット以来使い続けている自作のオイリーブラックです。そして銀色はアルクラッドで攻めます。胴体にはジュラルミン、主翼・水平尾翼本体にはホワイトアルミを、動翼やエンジン周囲の一部にはスーパーポリッシュドアルミを吹いてあります。
c0208691_1425283.jpg
ここまででざっと3時間。暮れの忙しいときに何やってんだかって言われる前にやめておきます。
[PR]

by me262b1 | 2011-12-25 14:08 | P-51D BBD | Comments(0)

相模原に行くならば

今日からTamTam相模原店で第2回P-1コンテストの一般公開&投票が行われています。昼ごろネットで観たところ、私の作品はアップされていませんでした。「こりゃ受付されなかったかな?」と不安に思っていたら夕方にはアップされていました。ところがその時点では作品名が私の名前となっており、作者がマスタングになっていました(笑)。応募作品はどれも小さな写真で細部までよく分かりませんが雰囲気をざっと見たところライバルがいっぱいいますが、エントリーNo.31の赤城とNo.49のA-10が強敵(?)に見えます。
c0208691_2246922.jpg
No.31の赤城は1/350を三段甲板にした大作で艦載機も複葉機になっています。甲板の塗り分けは丁寧ですが別の写真だと船体の塗装が雑に見えるのは気のせいでしょうか。
c0208691_22464278.jpg
No.49のA-10はトラペ32でしょうか?細かく作りこんでいるようですが、別写真で主翼上面はエアブラシによる「フリーハンドのパネル汚し」表現なので好みが分かれるところです。
c0208691_22471152.jpg
No.25の88m砲のアフリカ戦ディオラマは出来がいいのですが、今年の(第3回)タミヤモデラーズファクトリー新橋店1/48モデラーズコンテストの入賞作品です。「応募作品は未発表のもの」というレギュレーション違反なので失格のはずです。相模原の近くにお立ち寄りの方はNo.73のRAFマスタングⅣに一票入れてくださいね。
c0208691_22474880.jpg

[PR]

by me262b1 | 2011-12-17 23:03 | P-51D BBD | Comments(6)

これならヘンタイじゃないよね

フランクパパ様にヘンタイ扱いされたから方向転換をするのではなく、純粋にこちらも作ってみたかったんです。
c0208691_2293584.jpg
BEFの7th Royal Tank RegimentのマチルダⅡです。タミヤのキットをストレートでこのデカールを貼るつもりでしたが、どこか修正の要ありでしょうか。また「カーキグリーン」の色味が解かる方、どんな感じの色でしょうか。誰か教えてください。
[PR]

by me262b1 | 2011-12-12 22:24 | その他 | Comments(6)

解放感に包まれて

本日無事に相模原までマスタングⅣを届けてまいりました(パパ様の職場の近く?を通過)。恐らくは2週間前にMaximum様が味わった解放感に包まれています(下北沢も通過したぞ)。これでしばらくは無理に模型を作らなくていい、考えなくていいと思えばこの1週間くらいは仕事漬けでも我慢できそうな気がします。とか言いながら、帰りは寄り道してこんなものを買っちゃいました。
c0208691_2140373.jpg
やっぱり展示会が気になるし、元々AFVが好きなんだって思っています。
[PR]

by me262b1 | 2011-12-11 21:45 | その他 | Comments(4)

マスタングMk.Ⅳ完成ってことで・・・

c0208691_23182133.jpg
取り外しの機銃パネルは、外した時にヒンジ状のものが見えるので再現して密度感を高めてみました。
c0208691_2319210.jpg
可動するパネルはビルの配電盤のロック部ような開閉ヒンジなので雰囲気を出してみました。
c0208691_2320596.jpg
キャノピー内部と外部のアンテナ線は別々に作り、つながっているかのように接着しました。これで最後のマーキングと作りこみが終わりました。
c0208691_2320499.jpg
展示台に金色のシールでつくった銘板を貼ってみました。
c0208691_23211577.jpg
上から見るとこんな感じです。本当はやり残している作業がいくつかあるんですが、時間的・精神的に限界のようなのでここいらで締めといたします。お手を拝借、いよーっ、シャン!
[PR]

by me262b1 | 2011-12-10 23:33 | P-51D BBD | Comments(8)

攻めの細部工作

「もうこの辺でいいや」という悪魔のささやきが聞こえてきますが、あと少し攻めの工作を行います(壊しそうで怖いけど)。まずはキャノピー内部のアンテナ線を先に張り付けておきます(機外アンテナはキャノピー固定後に取り付け)。
c0208691_105951.jpg
また増加タンクは胴体への吸入パイプを取りつけます。
c0208691_0585859.jpg

さらに機銃点検パネルには支え棒をつけておきました。
c0208691_0594787.jpg
目が見えなくなったので続きは明日。
[PR]

by me262b1 | 2011-12-10 01:04 | P-51D BBD | Comments(4)

マスタング用の展示台はコレだ!

うさぎ様にもご愛読?いただき感謝です。締め切り間近なので、マスタング用展示台を無理やり完成させました。箱型の額縁の中にソードフィッシュのとき使ったアクリルベースのLED展示台を組み込みました。
c0208691_22353796.jpg
隙間はスチロールで埋め、上からエンジ色のビロードで覆って高級感を出します。さらにその上にRAFミュージアムで購入したバッジ類を配置して出来上がり。でも暗くて分かりにくいですね。
c0208691_22363255.jpg

マスタングを乗せると悪くないでしょ?
c0208691_2238233.jpg
さあ、明日からはマスタングにダメ押しの細部工作を施しましょう。
[PR]

by me262b1 | 2011-12-07 22:43 | P-51D BBD | Comments(6)

From London with love

マスタングの作業自体はほとんど進まなかった12/5でした(70年前の今日って、モスクワ前面でグデーリアンが攻略をあきらめた日でしたね)。しかし、この作品の仕上げに重要なファクターが本日ロンドンから届きました。
c0208691_0122129.jpg
RAFミュージアムに注文しておいたバッジ類で「なんとか間に合った」って感じです。何に使うかはヒ・ミ・ツ。
[PR]

by me262b1 | 2011-12-06 00:14 | P-51D BBD | Comments(6)

完成までのカウントダウン

昨晩は楽しかったメルクールの忘年会。だけど人間ドックとマスタングの完成を控え、三次会には行けませんでした。今日は午前中は柔道部、午後はマスタングⅣの作業でスミ入れ&デカール貼りまでこぎつけました。新しい表現として明るいグレーをスピナー黒とラウンデル青/赤部分に軽く流してスミ入れ?としてみました。
c0208691_23321410.jpg
写真で見るほどウルサクはなく、理屈はともかく模型映えしています。
デカールはタミヤ付属のものとエクストラデカールの良いとこどり+補完できるよう貼って行きましたが、またしても「目の限界」で、今日はここまで。残り6日で完成させます(キッパリ!)。
c0208691_23355232.jpg

[PR]

by me262b1 | 2011-12-04 23:40 | P-51D BBD | Comments(4)

手を伸ばせば・・・

今日はスキー学校の下見で長野県は上田の庄、菅平まで日帰りの出張でした。山の上は雪で11:00の時点で氷点下!思い出すのはパウル・カレルの「バルバロッサ作戦」のモスクワ前面での一節。「手を伸ばせば届くところにある。だがつかめない。力が足りない。」まさに現在の私のマスタングはこの状況です。年内完成を諦めればスッキリするのに諦めきれない往生際の悪さ。牛歩のごとき歩みで、今日はAPプロペラブレードを固定しました。ちゃんと直角が出てるかな?
c0208691_2250266.jpg
展示台も完成間近です。
c0208691_22522680.jpg
ね、豪華さがにじみ出てるでしょ。
[PR]

by me262b1 | 2011-12-01 22:55 | P-51D BBD | Comments(4)
line

ああ、素晴らしき模型人生


by me262b1
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31