機銃は6丁

フランクパパ様に啖呵を切った手前、手を動かさなくては・・。あまり気の進まない機銃の加工に入ります。意外に見えないせいか?タミヤのモールドも切れ味に欠ける部分で、作っていて燃えません。とりあえず、パネルはプラ板に置き換えてシャープさを出すことにします。コレを6丁か・・(嘆息)。
c0208691_21354278.jpg

[PR]

by me262b1 | 2011-09-28 21:37 | P-51D BBD | Comments(4)

メルクール9月の例会に行ってきました

9月の例会は9名の会員が集まり、和室にもかかわらず?工作に励んでいました。私はたぶん静岡以来のご無沙汰で、タミヤ48thソードフィッシュMk.Ⅱを持参しました(要修理部分も直さずゴメンナサイ)。トミーK村さんの24thのP-47は90%完成といったところで大きな錦鯉のようで大迫力です。N牧さんのイタレリ48ホークは2色迷彩がバッチリ決まっていて、しかもいつもの上品さが漂っていました。モールドも美しく「キットを買おうかな?」と考えましたが「組立が大変だよ」の言葉に思いとどまりました。個人的にはカスタムモデルズさんからの買い物で「列車砲」関係のエッチングが手に入りご満悦。ウルフパック48のシービクセン翼折りたたみ部は成形はいいのですが価格は¥1300で「こんなモノかな?」でしたが、パックを開けてみるとピトー管X2本と給油プローブまでついていてビックリ!とってもお買い得でした。さてマスタングⅣはここまで来ました。
c0208691_22313152.jpg
今度はコレに配線を施します。
[PR]

by me262b1 | 2011-09-26 22:37 | P-51D BBD | Comments(2)

ホラブロワーズの展示会に行ってきました

年に1度の北千住詣り。ホラブロワーズの展示会に行ってきました。
思わず写真を撮るのを遠慮した、あの「岡部いさく」氏もいらっしゃいました。
abbyさんやカミちゃん、むねっち様とも合流でき、充実のモデラー談義?
いろいろな疑問に答えていただけるのでとても勉強になります。
気に入った作品のアップを御紹介。
c0208691_1982915.jpg

ハセガワ48のF-104Jです。尾部やインテーク周辺の表現力に脱帽です。ツヤがもう少しあったらベストワークだったかも?
c0208691_19232775.jpg

タミヤ48マスタングⅢ(だったと思う)は細部まで息切れせず、見せ場をたくさん作ったスマッシュヒット作品。参考にさせていただきます。
c0208691_1991020.jpg

タミヤ32のP-51Dはとても上品でまとまりの良い作品で。ドラゴン付属のカルトデカール仕上げでドラブの主翼はリベットのうるささを感じさせませんでした。あー、俄然やる気になってきたので今日はここまで。カミちゃん様、今日はゆっくりおやすみくださいませ。(って今頃ガツンと飲んでいるのかな?)
[PR]

by me262b1 | 2011-09-24 19:24 | その他 | Comments(0)

泥濘の季節がくる前に

前述の疑問の答えになるかわかりませんが、コクピットは基本
ジンクロ・グリーンに塗っています。
c0208691_2149242.jpg

はみ出したスミをふき取ってもいませんが、急げや急げ!ドロの季節が来る前に!
[PR]

by me262b1 | 2011-09-14 21:52 | P-51D BBD | Comments(4)

とにもかくにもマスタング!

良心(あったの?)が傷みますが、気付かなかったことにしてマスタングを作ります。
毎日手を動かし、目を消耗させれば何かが生まれそうです。
今日の戦果はコチラ。
c0208691_20523084.jpg

ジンクロメートをグリーンver.とイエローver.で塗り分け、黒指定のところを黒く塗らないところが天の邪鬼ですね。でもスミ入れしたきゃこれしかありません。
[PR]

by me262b1 | 2011-09-13 20:56 | P-51D BBD | Comments(3)

朝令暮改

困りました。英空軍のマスタングⅣと宣言しましたが、実機のことを何にも知りませんでした。
ただ、グレーとグリーンの迷彩にして、ラウンデルを貼ればOKかと思いきや・・・。
調べてみるとどうやら英国に供与されたD型以降の機体はK型が多かったようです。少なくてもプロペラの多くはエアロプロダクツのおしゃもじ型のようですし、下面エンジンカウル横の穴あきパネルは「鮫のエラ」状のスリットが入ったモノが見られます。どちらもタミヤ様のキットには含まれず特に後者は小生では自作も難しそうです。また垂直尾翼の後方警戒アンテナは付いていないようで、機内のパーツのどれかを外す必要もありそうです。資料も十分に集めず工作を始めるとこんな目に遭うぞ!という典型的なオチです。
やっぱりビッグ・ビューティフル・ドールでいきますか?
c0208691_2146284.jpg

[PR]

by me262b1 | 2011-09-12 21:47 | P-51D BBD | Comments(4)

追いつけ、追い越せ!

やっぱり自宅の机ではミズーリ同様、WASPも作業が困難でした。
年内にあと1作、と熟慮の結果、タミヤ32のP-51Dを選びました。(候補はほかにもあったんですが・・)正確には英空軍のマスタングⅣで行きます。(来年の展示会もあるし・・)
パーツを引きちぎるように切り飛ばし、まずはエンジンを形にします。
c0208691_1747341.jpg

さぁ、muximumさんに追いつけ、追い越せ。
[PR]

by me262b1 | 2011-09-11 17:51 | P-51D BBD | Comments(4)

すべてはWASPのために

新学期でヘトヘトで模型を触る気力も残っていない中、ブログの更新を目的にWASPを進めました。
c0208691_22341470.jpg

この透明パーツの艦載機は作りにくいことこの上なしです。窓ははじめから黒塗りを考えているので
ガンガン接着します。ここまで出来ました。
c0208691_22363829.jpg
シースタリオンはイケてますがオスプレイは本来どんな形かすらわかりません。完成はまだ遙か遠く。
c0208691_22392333.jpg

[PR]

by me262b1 | 2011-09-02 22:39 | LHD-1 ワスプ | Comments(2)