一憂一喜

フランクパパの提案を採用して、ホビーベース製0.14×0.5mmプラ板を
ミズーリの甲板に貼っていくことにします。だけど後甲板はパテ盛り中。
そんな時、気づきました。ラーセナルのレジン前甲板は凸モールド
だったってことに今気づきました。
c0208691_1950563.jpg

だったら、前甲板の先端部分だけレジンパーツを使うことにして、
後半部はプラ板を貼って甲板再現しよう。
c0208691_19514176.jpg

隙間をビミョーに空けつつ、タミヤ流し込み接着剤で10mmと20mmの長さに
切った短冊を貼り続けます。曲がってきたらスケールで矯正。そして3時間の成果がコチラ。
c0208691_19534667.jpg

お金は出します。レーザーカットの木製甲板を明日、発売してくださぁい。
[PR]

by me262b1 | 2011-02-26 19:59 | ミズーリ | Comments(5)

これでどうだ!

キットの甲板に直接けがくのが難しそうなので
薄いプラ板をけがいて貼るって作戦を考えました。
ホビーベースの0.14mmプラ板に、1.0mm間隔で
トライツールを使って凹線を掘ってみました。
c0208691_21261225.jpg

本当は0.7mm間隔で掘りたかったけど、私の持っているスケールでは
計れませんでした。
しかも相変わらずよく見えませんし、どうも平行線ではなさそうです。
c0208691_2128162.jpg

やっぱり別の方法を考えてみます。
[PR]

by me262b1 | 2011-02-24 21:31 | ミズーリ | Comments(5)

甲板は簡単にはいかないぞ

甲板作業です。後甲板から行きます。
メルクールの例会に持っていき、作業に集中。
トライツールのエッチング製ウス刃ノコギリって結構使えます。
c0208691_839594.jpg

どんどん切って、丸刃ナイフで形を整えた後、ペーパーがけして
ガイアノーツ新作のオキサイドレッド・サフを吹いたものがこれ。
c0208691_8422456.jpg

この状態から、自作の凹線工具で平行線を無数に引くって計画。
c0208691_8451137.jpg

これがまったくダメ!拡大鏡で見ていても、まっすぐに線が引けません。
かといって1本づつ線を引こうにも、0.5~0.7mmいや1.0mm間隔でも
目がついていかないんです。(泪) 対策を考えてみます。
[PR]

by me262b1 | 2011-02-24 08:49 | ミズーリ | Comments(0)

砲塔が形になってきたぞ

今朝の作業時間は80分。手すりやクレーンがついて、第3砲塔が形になってきました。
c0208691_20131433.jpg

裏には救命具を入れるバスケットもつけました。
c0208691_20143530.jpg

どうです。あと少しでしょ。(と自分に言いきかす)
[PR]

by me262b1 | 2011-02-20 20:17 | ミズーリ | Comments(0)

Moscowへの道は遠く

ここのところ、Modelingの時間がとれません。
ブログも休みがち。
今日はちょっぴり前進しました。
c0208691_19481722.jpg

3番主砲塔にライオンロアのエッチングやレジンを取り付け中。
c0208691_19553018.jpg

主砲脇のハシゴなんて拡大鏡じゃないと構造が理解できないと思います。
クレムリンどころかスモレンスクにも近づけません。
だけど、前進。
[PR]

by me262b1 | 2011-02-19 19:56 | ミズーリ | Comments(1)

秋葉原に89式をエントリーしてきました

秋葉原のイエサブに89式中戦車コンテストの出品をしてきました。
まだ5人しかエントリーしていなかったので、No.6でした。
ほとんどの作品が情景(ヴィネット)で、車両単体だけは私一人でした。
明日は誰もエントリーしないことを祈っています。
いずれにせよ、とりあえずはkiev戦の終了です。
明日、バスケット部の大きなカップ戦がありますが、
早起きできたらMoscowに行きます。
c0208691_21303887.jpg

Moscow攻略まで、あと46日です。
[PR]

by me262b1 | 2011-02-12 21:32 | 八九式中戦車 | Comments(0)

KIEV包囲完了

「完成は、いつもじぶんのこころがきめる」
いろいろ不満はありますが、期限が明日なので
ここまでとします。
c0208691_19252071.jpg

やり残していることは4つ
1.チッピング(3時間程度と決めています)
2.後部のソリを接着
3.後部ナンバープレートの「星」修正
4.「れいぎ」の「ぎ」の字の濁点追加(またとれちゃった)
c0208691_1926557.jpg

久しぶりのAFV。やっぱり迷彩しても「華」がない。
そこで指揮官の旗を立てました。(お子様ランチと呼んでください。泣)
フィギュアがないのでハッチから立てています。
こんな使い方してたかなぁ。
[PR]

by me262b1 | 2011-02-11 19:29 | 八九式中戦車 | Comments(3)

ギャー!!

一進一退の攻防が続いています。今朝も無理やり作業を継続中。キャタピラの内側で金属同士が擦れている部分を再現した後、左右のキャタピラを固定。ベースは「和風」を表現すべく金色の和紙を貼り、少しだけこ洒落れた味を出そうといじっていたら「ギャー!!」デカールの「い」の文字がありません。よく見ると「ぎ」の下顎の部分も無くなっています。指にもついていません。いずこへ消えてしまったの?
結局、別売デカールを買うことになるのかなぁ。実質あと2日で間に合うんでしょうか。その他にもいろいろ地雷を踏んでの前進(後退?)です。
c0208691_9292745.jpg

[PR]

by me262b1 | 2011-02-09 09:33 | 八九式中戦車 | Comments(2)

ひらがなの奥深さ

デカール、見つかりました。やっぱり自宅でした。
縁を大まかにカットして、作業場へ。
拡大鏡で見ているうちに、「やっぱりギリギリまで
カットしよう!」と欲が出て、地獄に踏み出しました。
c0208691_19562547.jpg

水に浸したらバラバラ。つなぎ目がアルファベットと異なりなかなか一致しません。
はがれそうだったのでマークソフターを上塗りしたら溶け出して・・・。
エナメル白で修正です。今日はこれだけで1時間以上!
仕事を前にヘトヘトでした。
[PR]

by me262b1 | 2011-02-08 20:01 | 八九式中戦車 | Comments(1)

神は細部に宿る

今朝は思ったように作業が進みませんでした。4:00起きして5:00には作業場に着いたんです。ところが貼ろうと思っていたデカールが見当たらない。探すこと20分ぐらいたっても見つからない。「こりゃ家にあるかな」とあきらめ、積載物(ジャッキやスコップ)のディテールアップをしようとピンバイスを探すが、これも無し。「そうだ!妄想の赴くまま、主力工具を自宅に持ち帰り、枕元モデリングをしていたんだっけ。ここんとこ、塗装ばっかりで忘れてたわい。」「しゃあない。積載物の塗装だ。」と思って木部の色づくり。これが思ったような色ができない。とりあえず塗ったものがコレ。
c0208691_1858686.jpg

神様に見捨てられた1日でした。
[PR]

by me262b1 | 2011-02-07 18:59 | 八九式中戦車 | Comments(1)