<   2010年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

これ、何んだ?

今朝は、不毛でありました。これ、何だと思います。
c0208691_21245934.jpg

ヒントは「右が失敗作、左が成功?作」です。
答えは艦舷の窓のひさしを作っているところです。ペーパーがけでモールドはほとんどぶっ飛んだので目立つ部分だけでも再現します。四角断面のプラ棒で伸ばしランナーを作り、直径2mmの真鍮棒にクルクル巻いて、ドライヤで熱を加えると可塑化した伸ばしランナーは円形に固定される。それを程よくカットして窓穴の上に貼ろうって妄想。やってみると、プラ棒は均一に伸ばせないし、巻く起点は「瞬間で貼って」と思っていたけど、巻いていくとすぐとれちゃう根性無し。やっと起点が固定されても、巻いて行くうちにズレたりしたのが写真右。さあ、明日「写真左」が「ひさし」になっていたら拍手御喝采!
[PR]

by me262b1 | 2010-11-30 21:39 | HMSレパルス | Comments(1)

主砲をデテールアップ!

今まで目を瞑ってきた主砲に結論を出します。防水カバーはポリパテ+タミヤパテで隙間を埋め形状を整えます。照準器?を取り付けたら梯子等をエッチングで仕上げます。
c0208691_20255763.jpg

塗っちゃうととても地味です。
c0208691_20274290.jpg

後方から見るとこんな感じです。明日こそ船体の追加工に着手!
c0208691_2029206.jpg

[PR]

by me262b1 | 2010-11-29 20:30 | HMSレパルス | Comments(0)

楽しかった忘年会。

今年は創立30周年記念イヤーでした。記念すべき忘年会参加者は9名でしたがとても熱いトーク連発でした。特筆すべきはS渡さんの参加で、制作ヒントが湧いてくる貴重な時間でした。(1川氏は明日のAFVの会への作品の仕上げで不参加だったのがとても残念。日程の設定が悪かった事を深くお詫びします。)
2次会はイエサブ?これは全員参加?だったと思います。「はなの舞」の3次会までおつきあい頂いたのが6名の勇士。来年の展示会への決意が語られました。写真は本日の成果。
c0208691_0462764.jpg

今日はさらに、主砲のキャンバス部分とスクリュー軸周辺にポリパテを盛りつけました。マスキングした図。
c0208691_04837100.jpg

パテ盛り後です。
c0208691_050782.jpg

明日もがんばります。
[PR]

by me262b1 | 2010-11-28 00:51 | HMSレパルス | Comments(1)

時間よ止まれ!

武装パーツの量産化は遅々として進みません。例の10.2cm単装砲は合計6門作らねば成りません。パーツを切り離し、ゲート部のヤスリがけだけでも神経をつかいます。組セツはこんな感じ・・・。
c0208691_22144719.jpg

でも、maximumさんのスキャメル&バレンタインを見るとファイトが湧いてきます。95%以上間に合いそうもありませんが、一縷の望みにかけて、明日も作業を続けます。
c0208691_22171443.jpg

これだけで、総パーツ数52ケになります。
[PR]

by me262b1 | 2010-11-26 22:22 | HMSレパルス | Comments(1)

またも写真がアップできず

製作途中の写真がアップできません。カメラの充電忘れでレパルスの報告が文章のみとなっています。現在、武装パーツの量産を図っています。眠たくて手元が狂っています。どうして1個目より2個目のほうがヘタっぴなのでしょう。経験値は積んでいるのに、緊張感に欠けるのでしょうか。「初心忘れるべからず」ですね。作品(パーツ)が写真に写っていなくてよかった❤
c0208691_20573762.jpg

[PR]

by me262b1 | 2010-11-25 21:03 | HMSレパルス | Comments(0)

適材適所

今日はレパルスの船体左舷に舷外電路のエッチングを貼り付けました。これが堅くて思うように折り曲げられないしカーブを描かない。無理にシュンカンで固定してから気付きました。「プラ板で作り直せばよかったんだ」右舷はそうします。
c0208691_23464994.jpg

写真(タミヤ)のエッチングは素直で曲げやすくてスキです。
[PR]

by me262b1 | 2010-11-24 23:49 | HMSレパルス | Comments(0)

泥をかき分け、進め!

レパルス、随分サボっちゃいました。体調・仕事・家族というバリケードを打ち破ることままならず、スケジュールにかなりの遅れが発生。maximum氏の根性を見習いたいものです。しかもJmcでとんでもない作品を見ちゃいました。
c0208691_2019865.jpg

写真のレベル350ビスマルクが、今回のJmc大賞でした。
c0208691_20125094.jpg

とにかく細部をこれだけ作りこんでいるのに全体が破たんせず、バランスがイイ。色もイイ。リサーチも説得力がある。しかし、下の写真に絶句!
c0208691_20264126.jpg
中田氏絶賛の「キングストン弁」は本当にここに設置されているの?(防御上、かなり問題アリと思うのは私だけ?)あわててレパルスのみならず、日本艦艇やキングジョージ級やシャルンホルストの図面もチェックしたけど、見つかりませんでした。(防御を考えれば艦底に設置していたと推測されるのですが・・・)とにかくあと19日!行ける所まで行って、あとは塹壕を掘って冬を越そうかな。(オイオイ、あきらめたってこと?)
[PR]

by me262b1 | 2010-11-23 20:27 | HMSレパルス | Comments(5)

坂の上の雲まで3m

職場の40周年記念式典の司会を務めてきました。開始直後に放送器具の不具合等トラブルが発生。(しかもカミカミだったし)とても満足いく仕事ではありませんでした。しかし、ゲストの本木雅弘さんにお会いできてラッキー。再接近距離3mがやっとでしたが十分にそのオーラを感じることができました。お話は中学生にはちょっぴり難しかったかもしれないけれど「感じる」事と「それを暖め続ける」事の大切さを強調されていました。明日はJmcで何を感じることができるでしょう。楽しみです。
c0208691_22573167.jpg

[PR]

by me262b1 | 2010-11-20 22:58 | その他 | Comments(0)

模型の「モ」の字も無い1日

職場の40周年記念行事前日とあって、(責任者でもあって)朝6:30からさっきまで仕事づくめの1日でした。模型の「モ」の字も無い1日は、いつ以来でしょう。記憶にありません。(また、アルツハイマー再発?)このブログ投稿後も明日の台本づくり。最悪の精神状態です。でも、21日はお昼までにjmcに行けるよう手は打ってあります。ムネ様をはじめ、会員の皆様に会場で会えますように。
c0208691_22401711.jpg
そういえば今朝、5:00ごろTa152h-1の右の水平尾翼を切り出したっけ。「モ」ぐらいはありました。
[PR]

by me262b1 | 2010-11-19 22:44 | Ta152H-1 | Comments(0)

眩暈でクラクラ

このところ体調が悪く、昨日は病院で診察・検査しました。持病のメニエールが悪化中とのこと。薬を替えた副作用か?今朝はクラクラ状態。今日はレパルスのModelingを中止。1日中寝たり起きたりしてました。夕方少し体調回復したので、治療の一環としてコイツの袋を開けちゃいました。
c0208691_20223280.jpg

とにかく、内部構造を再現するためでしょう。やたら分割しています。それでいて勘合精度が「タミヤ並み」とはいかないところがツライ!ランナー/パーツ間の湯口も幅広で切断・修正に神経を使います。(昔のモノグラムが幅広湯口だったころよりマシですが、プロペラを切り出すのは苦労しました)しかもモールドが深溝で、エアブラシ向けと言うよりは筆塗り向け。エンジンやコクピットを無視してセロテープで仮組みしましたが、1時間では形になりませんでした。それでも作業を続けたら、(上から見ると)少しグラマラスなTa152が誕生。プロペラが太くてそれっぽいんだけど、少し短く感じるのはきっと気のせい。箱絵のように斜めに傾けて飛ばすとやっぱりあこがれのタンクです。しかし、完成まではかなり時間がかかりそうな印象です。
[PR]

by me262b1 | 2010-11-18 20:38 | Ta152H-1 | Comments(0)