ブログトップ

ものづくり共和国

me262b1.exblog.jp

ああ、素晴らしき模型人生

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0208691_1613451.jpg
先の丸いデザインナイフでモールドを削り落しました。結局、周囲を傷つけてしまいパテのお世話に。しかも凹線が消えかかったのでPカッターで掘りなおしたらそこだけ目立っちゃいました。何とかごまかしたいです。
[PR]
by me262b1 | 2010-10-31 16:17 | HMSレパルス | Comments(0)
c0208691_17581654.jpg
船体に飽きて士気が低下中。甲板をいじることにしました。まずはラッパ印のウソを修正。取付基部を削りレジンパーツを固定します。その前に「甲板色その1」を塗ってみました。
[PR]
by me262b1 | 2010-10-30 18:02 | HMSレパルス | Comments(1)
c0208691_2031782.jpg
サフェ=エボを削ったら案の定パテが乗り切っていなかったようで傷のような凹状クレーターが残りました。いくつかはゼリー状瞬間で埋めて整えましたが、時間がかかることかかること。そこで久しぶりに必殺の(禁断の)タミヤパテ「ホワイト」をつまようじで塗って、硬化後切削しました。どのクレーターも細かいので、少々の引ヒケは気にならないだろうという都合のよい判断です。(それでも旧イサムパテとはキメの細かさが違う気がします)グデーリアンよろしく「とにかくスピードが命!」
[PR]
by me262b1 | 2010-10-29 20:43 | HMSレパルス | Comments(0)
c0208691_21515188.jpg
側面の傷を見つけるべくサフェ=エボ攻撃。ポリパテでも埋めきれない中国製ラッパの段差。底ヂカラを感じます。
[PR]
by me262b1 | 2010-10-28 21:55 | HMSレパルス | Comments(4)
c0208691_1949012.jpg
ポリパテをほとんど削り落し、次はサフがけです。オススメはガイアノーツのサフ=エボです。スピットでも使いましたが隠ぺい力がすばらしく乾燥後のカリッとした表面が大好きです。(難点は濃グレー色)船体はもちろん、レジンパーツや真鍮砲身にもついでにかけちゃいます。朝から1時間以上吹きっぱなしだったせいか吐き気をもよをしてしまいました。マスクなしじゃヤバかったね。
[PR]
by me262b1 | 2010-10-27 20:00 | HMSレパルス | Comments(0)
c0208691_20401575.jpg
やっと船体上下を張り合わせました。簡単に言っていますが、これがなかなか大変。なぜなら、接着面の段差がひどすぎるのでWLの平艦底を船体上部に接着した後、フルハル艦底のべロ状の接着面をすべてナイフで削ってから上部に貼り付けてみました。(WL平艦底をサンドイッチすると言ったほうがわかりやすかった?)これでも側面がツライチにならず、結局ポリパテのお世話になりました。固まったらガシガシ削るぞ!
[PR]
by me262b1 | 2010-10-26 20:51 | HMSレパルス | Comments(3)
 
c0208691_2023927.jpg
船もAFVも次にやることは台座固定用のナットを入れること。ショックに耐えられるようプラ角材を液状接着剤(流し込みじゃないヤツ)で固定した後、エポキシ接着剤を盛り上げます。後は外れないことを神に祈るのみ。
[PR]
by me262b1 | 2010-10-25 20:25 | HMSレパルス | Comments(2)
c0208691_197143.jpg
中国のラッパ社製のキットはまずお約束の洗浄。今回はカスタムモデルズさんから購入した「ごきげんクリーナー」をスプレー。10分後に中性洗剤で洗い流した状態です。さすがに350の戦艦はデカイ!
[PR]
by me262b1 | 2010-10-24 19:14 | HMSレパルス | Comments(2)
c0208691_19411480.jpg
早朝モデリング再開しています。私も雷装転換でミズーリからレパルスにシフトしています。ところで早朝モデリングで悩むのが朝食。できるだけ安く、時間は短くということで、今朝はマックのモーニングメニューからマックグリドルとコーヒーセットで¥200也。眠い目をこすりつつ、VWの中で写真のヤツを一口ガブリ!「なんだこの味は!まだ夢を見ているのか?」二口目で現実であることを知り、あまりの衝撃に本当に目が覚めました。もう2度と買いません(涙)
[PR]
by me262b1 | 2010-10-23 19:54 | その他 | Comments(0)