F-16C製作記vol.13

エンジンノズルは結局、ヴォイジャーのエッチングパーツの加工が間に合いませんでした
そこでアイリスのレジンパーツの出来が良いのでこちらでいきます。
(とはいえ、アイリス板のリベット表現はいただけませんが…)
ここで塗り分け方法を誤ってしまいました。
c0208691_20232016.jpg
先に重なる部分をぬってからマスキングしようと考えましたが、失敗。
c0208691_20252079.jpg
これが王道ですよね。ノズル内部はフィニッシャーのカーボンマットブラックを塗った後、タミヤエナメルのフラットホワイトを塗って乾燥後、綿棒で凸部の白を落として見ました。結果こうなりました。
c0208691_20264840.jpg

注文しておいた展示台も届き、完成です。
c0208691_2028682.jpg
c0208691_20292291.jpg

輸送箱も完成し、本日、東武戦線に投入してきました。受付番号は136でした。
これで「12年連続参加」出来ました。
[PR]

by me262b1 | 2017-07-17 20:40 | F-16C | Comments(4)

F-16C製作記vol.12

いよいよ最終局面です。
翼端部に放電索を取り付けます。マスター社製なので安心していたら、
ビックリの取り付け方です。
c0208691_215730100.jpg

翼に溝を刻み埋め込め!って私の腕と工具では難易度高すぎです。
そこで半円形のモールドのみ削り、マスター社のソレを瞬間で接着しました。
c0208691_2211173.jpg

プライマー処理後に塗り分けていきますが、このペースで17日の〆切に間に合うのでしょうか?
[PR]

by me262b1 | 2017-07-09 22:03 | F-16C | Comments(0)

F-16C製作記vol.11

本製作記vol.9で「下面工作にウッカリさん」と書きました。
本当に恥ずかしくて無視しようと思いましたが、修正することにします。
c0208691_2016911.jpg

国籍マーク左のタテ線は、そうパーツ貼リ合わせ線です。
もう一箇所
c0208691_2019568.jpg

エアブレーキ下面にも同様の線が残っていました。塗装前、否、組み立て後でもデカール
前に決断していたらもっと楽に修正可能だったと思いますが、この段階での修正は命取りでは?
と不安が先行します。
ええぃ!とばかりに伸ばしランナーを瞬間で貼り、切削工事開始です。
c0208691_20235425.jpg
ドキドキ??
c0208691_20243329.jpg
さあ、後には引けません。
c0208691_20252324.jpg

格闘すること小一時間、こんな感じに仕上がりました。
もっと時間をかければ、もう少しマシになるかも知れませんが、デカール剥離、断裂の危険性も
少なくありません。ここで修正は終了! 第二次攻撃の要ありと判断したのに実行できない…。
所詮私も、南雲提督を超えることは出来ませんでした。
[PR]

by me262b1 | 2017-07-03 20:31 | F-16C | Comments(4)

F-16C製作記vol.10

ギックリ腰も少しずつ快方に向かっています。
さて、今年の東武戦線の作品応募〆切は7月17日だそうで、F-16は何とか間に合いそうです。
週末はアクセサリー類を仕上げました。マスキング塗装よりデカールの方が綺麗にできそうですが、敢えて挑戦!
c0208691_22162978.jpg

結果はこんな感じです。
c0208691_22183386.jpg

手前のACMI podは先端のみ洋白線に変えてあります。中央のサイドワインダーはフィンの色を変えたのに、差異がほとんど分かりません。この後デカールが乾燥したら半ツヤクリアをかけて、先端にレンズをつける予定です。
c0208691_2220318.jpg
それぞれバックから撮影。サイドワインダーのオシリを筒状になっているのが分かりますか?左端のACMI podのオシリも結構手を加えありますが写真では分かりませんね。右端のALQ-188ECM podはアグレッサー専用で、通称「死んだヤモリ」 と呼ばれているそうです(言い得て妙)。ヤモリのパイロン部?にリベットを追加し、塗装にも変化を加えてみました。
c0208691_22481591.jpg

[PR]

by me262b1 | 2017-06-25 22:44 | F-16C | Comments(4)

F16C製作記vol.09

カスタムモデルズのむねっちさんのおかげで、最終パーツが入手できました。
しかし、かなり難しい工作になりそうなので、後回しです。
今回は士気を上げるべく、デカール貼りを行いました。
c0208691_238077.jpg

bob兄弟のデカールは、注意書きが最小限しか入っていないので、タミヤくん付属の注意書きも併用します。bobくんは薄くてノリも強く良いのですが、タミヤくんは厚くノリも弱いので各種デカール支援液を使用しました。そして今回はピカピカのクリアをデカール定着位置に塗ってから作業開始です。
c0208691_23123728.jpg
90%貼り終えました。
c0208691_23121872.jpg
黒系のみでハデさに欠けますが、ウルフマークがイケています。オーバースケールでは無いかとも思いますが、ウルフなんて絶対手描きできないので、これでよし!
ところで裏面のデカール貼り今更ながら、下面工作にウッカリさんがあることに気づきました。修正するか思案中です。展示台下面にミラーを取り付けなきゃ分からないって?
[PR]

by me262b1 | 2017-06-11 23:29 | F-16C | Comments(6)

F-16C製作記vol.08

胴体上下の貼り合わせた部分の修正と塗装が終わりました。
c0208691_19342179.jpg
c0208691_19345290.jpg
次にエンジンノズル基部を塗装します。実機写真では茶系の金属色で、見ようによってはゴキブリの光沢色にも見えます。まず下地の黒にガイアのスターブライトブラスを重ねます。
c0208691_19355689.jpg
その上にクリアブラウンを重ね塗り。
c0208691_18334931.jpg
もう少し黒系に持っていくため、秘密の色を薄く重ねます。
c0208691_1835454.jpg
こんなもんで雰囲気は出ましたかね。さあ、このノズルを機体に取り付けて見ます。
c0208691_19282996.jpg
イメージに近づいてきました。ところでむねっちさん、例のパーツは届きましたか?
[PR]

by me262b1 | 2017-05-28 19:36 | F-16C | Comments(0)

F-16C製作記vol.07

昨日は家族と西武ドームでソフトバンク戦を観戦してきたので、模型はお休み。
今日は胴体上下の接着を目指し、ガンバです。まずは臓物AとBをでっち上げます。
c0208691_19492725.jpg
左はバルカン砲の砲身、右は弾倉です。砲身にはコレを使いました。
c0208691_19514848.jpg
砲身を組込んだ状態です。何も見えませんね。
c0208691_19532263.jpg
弾倉は胴体上のスリット内が空っぽなので視界を防ぎます。
c0208691_19551093.jpg
違いがわかりますか?
c0208691_19553397.jpg
コクピット組込みは床が抜けそうなくらいルーターで削り込んで上下を接着しました。合わせ目を消します。
後は塗装を重ねるだけ。一番の難所をクリアしました。ゴールが見えてきました。
[PR]

by me262b1 | 2017-05-21 20:03 | F-16C | Comments(0)

F-16C製作記vol.06

GW5連休は、今までどうしても追い込めなかった部分の作業が進みました。
まずは脚室内配線。
c0208691_21325962.jpg
c0208691_21214579.jpg
c0208691_21123092.jpg
アクチュエータも洋白線に置き換えています。
c0208691_21141022.jpg
c0208691_21134866.jpg
コクピットもここまで進みました。
c0208691_2115177.jpg
デイスプレーの緑色はラピーのメタリックグリーンを貼り付けて表現しています。
c0208691_21204221.jpg
前日かなりのダメージがあったので、今日は満足の作業内容でした。
[PR]

by me262b1 | 2017-05-07 21:22 | F-16C | Comments(0)

F-16C製作記vol.05

キャノピー塗装がほぼ終了しました。フレーム内側もそれらしく加工してあります。
c0208691_9305626.jpg
c0208691_9303426.jpg

c0208691_932247.jpg

キャノピー黒フチ部のリベット表現は、再検討しなくては…。
[PR]

by me262b1 | 2017-05-04 09:34 | F-16C | Comments(0)

F-16C製作記vol.04

今日はキャノピー加工。前部はスモーク、後部はクリアタイプです。
モデルグラフィックスで見たコイツを使います。
c0208691_12534186.jpg

思った通り目が細かく、時間がかかるのでラプロスの#2400-4000-6000-8000の後、ヤスリスティック:フィニッシュを使いパーティングライン を消しました。
その後にスジボリ堂のコンパウンド1・2・3を初使用。専用の研ぎ出しクロスでピカピカにしました。
c0208691_1301290.jpg

このキットにはマスキングシートが付属していないので、マスキングテープの乱切りでカバーしました。
c0208691_1315463.jpg
内部はマスキングテープ+マスキングゾルでコートしてあります。
今日中に色を乗せられるかな?
[PR]

by me262b1 | 2017-04-30 13:05 | F-16C | Comments(0)