ブログトップ

ものづくり共和国

me262b1.exblog.jp

ああ、素晴らしき模型人生

F-14A製作記vol.03

Maximumさんのご指摘通り、今回のマーキングはVF-111で行きます。
前回の例会で、カスタムモデルズさんからゲットしたデカールの考証に感激して、手が動いています。

c0208691_20505520.jpg


厄介なベントラルフィンと垂直尾翼を塗り分けます。赤色は鬼門。全て手書きとはいかず、デカールを利用することを前提に、家にある在庫の赤色から近似色をチョイスして色合わせです。

c0208691_2194324.jpg


0.2mm透明プラ板の上に候補色を乗せて、デカールに重ねてみます。一番近かったのは、クレオスの327サンダーバード色の赤ですが、スケールイフェクトを考えて若干明るめに寄せようと思いフィニッシャーズのディープレッドを加えたのが失敗。泥沼にはまってしまいました。

c0208691_20591196.jpg


結局、クレオスの艦底色を隠し味に加えて完成です。

c0208691_2102182.jpg

早速ベントラルフィンに塗ってみました。縁の白色帯がキレイに塗り分けられているでしょうか?
c0208691_2135834.jpg
マスキングを外すのが、怖い!
[PR]
by me262b1 | 2017-08-06 21:07 | F-14A トムキャット | Comments(6)
Commented by maximumbreak at 2017-08-06 23:01
何を仰いますか! マスキングを外す瞬間が、ドキドキワクワクで一番楽しいのではありませんか!
Commented by deavion at 2017-08-06 23:15
落とし穴にお気お付けください。
赤は下地の白色から塗り重ねて行きます、斑が発生しないように重ねて行きます。
そして重ねすぎると、赤は黒ずんできます。
デカールとリンクさせる時は、時折デカールをあてて確認した方が良いでしょう。
私の失敗から。
Commented by Mighty O at 2017-08-07 17:55 x
先だっては納涼会に参加出来ず残念でした・悲

いよいよ次の製作ですね!
緻密な下準備はモデラーのお手本ですね。
『まぁ、何とかなるべさ~♪』とお気楽&勢いで進めてしまう自分が恥ずかしくなっちゃいます・汗
Commented by me262b1 at 2017-08-07 21:07
Maximumさん、納涼会ではお世話になりました。
隣のグループが賑やかすぎて、会話が成立しませんでしたね(笑)。

このマスキングは、やり方が間違えた気がします。
赤が下地になることを避けるとはいえ、こんなタイトなマスキングが上手くいくはずがない気がしています。
まあ、何度でもやり直せば良いんですが。

Commented by me262b1 at 2017-08-07 21:13
deavionさん、こんばんは。
ご忠告、ありがとうございます。
赤は色が乗りにくくて、つい塗り重ねてしまいがちですよね。
色調を見極めて作業を進めたいと思います。

エアフィクスのスツーカ、期待しています!

Commented by me262b1 at 2017-08-07 21:21
Mighty Oさん、納涼会でお会いできず残念でした。
緻密な下準備なんて、とんでもありません。
ただ、今回もデカールの出番があるので、あまりにかけ離れた色は避けようと思っただけです。
現時点での悩みは「現用米海軍機のハードな汚れ」をどう表現するかで悩んでいます。
「過ぎたるは尚、及ばざるが如し」と考えていますが、ついつい行きすぎちゃうんですよね。