ブログトップ

ものづくり共和国

me262b1.exblog.jp

ああ、素晴らしき模型人生

本日、話題の映画ダンケルクを観てきました。
ひとのブログで感想等の書き込みを見たいましたから期待しないで行ったせいか、いい意味裏切られて「よかった」です。
劇場を出た時、後ろにいたカップルが「実話なんだよね」と確認しあっていたので、そこら辺の背景解説が弱かったかもしれません。だから脚本もひたすら史実をのみ負わずに戦争の極限状態に重心を置いていました。自己所有の遊覧船で自ら英軍救出に向かった老紳士のセリフで「私達大人が始めてしまった戦争に若者が命を落とし…」という意味の言葉に「仮に自分が投票しなかった政治家であっても、その責任は国民が負う」という成熟した民主主義を感じました。いま日本が戦争状態に陥ったら安倍さんのせいにする私が恥ずかしい。ラストのチャーチルの演説放送は、まさのこの映画の主題であろうし、さすがノーベル文学賞受賞者だけのことはある、心に残る原稿でした。
c0208691_22155625.jpg


模型的にはスピットファイアの空撮シーンが良かったなぁ。表面仕上げやコクピット内部色の色味がよくわかりました。パイロットのゴーグルが同時期・同部隊で2種類あり、個人持ちなの?って疑問が湧いてきました。
c0208691_22161435.jpg

前出のゴーグルは跳ね上げ式のグラサン付きで、バトルオブブリテン以前から使われていたことも新発見でした。この手の映像と音響を味わうには劇場に行かないと無理ですね。
[PR]
# by me262b1 | 2017-09-16 22:29 | その他 | Comments(2)
私のマスキング方法をご紹介します。改善点を教えていただけると幸いです。
使用するテープは3Mの24mm幅のモノ。縁をシャープにするため、必ずカットしておきます。
c0208691_7471491.jpg
必要な幅でカットします。この時にウェーブのT定規Lと同社のカッティングマットA5を使用すると、正確にしかも楽に切ることができます。
c0208691_752218.jpg
実際に貼る時の注意として、端の内側を斜めにカットします。さほど正確でなくても大丈夫。
c0208691_755838.jpg
段差があれば、そこを少しオーバーランするようにカットし、重ねていきます。
c0208691_811585.jpg
c0208691_7573668.jpg
外周を囲ったら、内側を全て隠します。ここはマスキングゾルも併用します。
c0208691_824216.jpg
写真を撮りながら作業するのって面倒くさいですね。
[PR]
# by me262b1 | 2017-08-27 08:04 | F-14A トムキャット | Comments(4)
マスキングは嫌いじゃないけど、好きでもありません。
今日は、かなり面倒くさそうな脚カバーの赤フチの塗り分けをやってみます。
アクチュエータを切り離した方が効率的でキレイに仕上がるハズです。
しかし先に白を塗ってしまったので、今回は苦難の道を歩む事に決定しました。

c0208691_20163312.jpg


赤色は単調にならないように、ダウナーズカラーとは別な赤を準備しました。

c0208691_20181612.jpg


マスキングを外すとこんな感じです。

c0208691_20191626.jpg


修正が必要ですが、気力が続かず、今日は片側分のみで終了です。
[PR]
# by me262b1 | 2017-08-19 20:24 | F-14A トムキャット | Comments(2)
8月15日がこんなうすら寒い雨の日なんて、記憶にありません。

トムキャの垂直尾翼に神経質になっています。というのも赤のノリの悪さと白の隠蔽力の低さで、一旦失敗すると修正にメチャメチャ手間がかかるからです。今日は最小限の修正後に黄色の影?を入れます。

c0208691_2304065.jpg


黄色も隠蔽力が低い色ですが、デカールの色はガイアの橙黄色にピッタリなので助かります。この塗料は黄色系と思えないほど隠蔽力にすぐれていますので、こんな感じになりました。

c0208691_2315766.jpg


修正は不要でした。しかし調子に乗ってもう一枚に挑戦すると、痛い目にあいそうな予感がしますので、主翼にチャレンジします。タミヤ流のエッジを薄く見せるために上下翼の分割ラインを下面フラップ中央にもってきています。そこで伸ばしランナーを埋め込み接着してラインを消します。右が伸ばしランナー接着状態。左がヤスリで削り倒し状態です。

c0208691_23132837.jpg


上面から塗装。まず白、フレッシュ、キットのモールドカラーより少し暗めのグレーの三色で、ミラーウェーブ+インクスポットもどきの塗装を下地とします。その上から極極薄くした機体色を重ねていくと、極端に汚れてはいないが「何回も塗り直したのね」表現になる目論見です。水色のスピットで実験済みの手法です。

c0208691_23135899.jpg


ここで緊急事態発生!作り置きしておいた機体色をひっくり返すという失態を演じてしまいました。すでに塗装済みのボディ上面の色と、作り直して主翼上面に塗った色の色調がかなり違うのです。
近似色を作り直せるか、できなければかなり厄介な状況です。
[PR]
# by me262b1 | 2017-08-15 23:25 | F-14A トムキャット | Comments(8)

Maximumさんのブログ再開に刺激され、こちらも作業再開します。

c0208691_20211345.jpg

ベントラルフィンのマスキングを外すとこんな感じです。

c0208691_20172782.jpg

メインの垂直尾翼の旭日旗は、こんな感じです。

c0208691_20244513.jpg

マスキングを外すと…。

c0208691_20260659.jpg


要修正ですが、被害は軽微かな?










[PR]
# by me262b1 | 2017-08-13 20:27 | F-14A トムキャット | Comments(2)